« ムック「グレート メカニック」No.18 藤津亮太のはじまりは最終回 | トップページ | 雑誌「コバルト」2005年10月号 ヨリドラ応募と榎木洋子特集アンケート募集中 »

2005/09/18

映画「ルパン」感想

上映時間は2時間12分。なわけで長い。決して飽きはしないけど、疲れた。バッグを足元(足先)に置いていたので、足が伸ばせなくて窮屈だったから。椅子の下に押し込んどくべきだった。

ロマン・デュリスの「ルパン」は、ヒゲ濃い濃いと散々思ってたにかかわらず、最初ニヤケすぎとか思ったにもかかわらず、終わりの頃にはすっかり惚れてしまった(というか、本当は原作の「カリオストロ伯爵夫人」を読んでいるときにロマン・デュリスの顔がちらついて楽しみにしてたのだ)。ボーマニャンもかっこいいー(途中ボーマニャンを心の中でボーちゃんと呼んで和んでた。長くてちょっと疲れたから)。ルパンパパは濃いーです。だがそれがいい。クラリスの胸元の美しさにも感心。首飾りが映えるね。

嬉しかったのがエトルタの風景を満喫できたこと。最初にわくわくしたシーンが崖をカメラがナメに行くシーンだったり。時折デジタル処理酔いしそうな映像があるのがちょっと残念。仕方のないことなのかな。謎解きに関してはそれはないだろ、と思うかも。しかし、なぜ原作を「カリオストロ伯爵夫人」「奇巌城」「813」と宣伝してるのか分からない。クラリスの名前からして「王妃の首飾り」(怪盗紳士ルパン所収)は必読だし逆に「813」は原作?と思わないでもない。でも原作の「813」は原作シリーズ傑作の一つなのでおすすめ。ノベライズ本の目次だけ見て、一応「カリオストロ伯爵夫人」と作品リスト1の「怪盗紳士ルパン」から7の「水晶の栓」まで予習していったけど、どうやら正解だったようだ。これでもし続編を作るなら何を撮るのだ?と思うくらい、他のネタもまじっている。そういうことを含めて話はちょっと詰め込みすぎかな。

フランス語って耳ざわり(決して悪い意味ではなく)というか耳に残るというかなんとなく苦手なイメージで心配だったけれど、すんなり聞けた。Lupinの発音はルパンって聞こえたなあ。ボーマニャン(たぶん“ニャン”ってダルタニャンとかと同じ接尾語?なんだと思う)だって、ボーマニオンって聞こえたし。でもいったん日本語(カタカナ)に書き写されて、そこから発音すると別になってしまうわけだし。ニオンとはっきり言ってしまってはダメで、オは軽くアの口の形をしてオと発音するような感じ。外国人名を表記するときは一定の指針があると思うので、それに従えばリュパンなのだろう。

ルパン公式サイト

« ムック「グレート メカニック」No.18 藤津亮太のはじまりは最終回 | トップページ | 雑誌「コバルト」2005年10月号 ヨリドラ応募と榎木洋子特集アンケート募集中 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/5993884

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ルパン」感想:

« ムック「グレート メカニック」No.18 藤津亮太のはじまりは最終回 | トップページ | 雑誌「コバルト」2005年10月号 ヨリドラ応募と榎木洋子特集アンケート募集中 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ