« テレビ東京木曜洋画劇場のCM | トップページ | 「ナッティ・プロフェッサー2」のキャスト欄 »

2005/08/06

「花とゆめ」2005年17号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

逸美さんは若手実力派女優だったのか。女優と言うことの自負からテストの相手をOKしたみたいです。そりゃ失礼だよね。撮影遅らせて役をすっぽかした当の人物から「(アドリブでセリフを)言わせてみせます」と言われるなんて。

テストシーンは蓮が変わったということを周りに魅せる場面なんだけど、それが絵で伝わってきたかと言うとそうではない。そこがもう少し頑張って欲しいところ。それとも単行本でちゃんとよまないと分からないのかも。ローリィの反応から合格っぽそうだけど、テストは次号に続いてます。

それにしても、若手実力派女優もかけだし女優もいるというのに、この回でも一番かわいいのは緒方監督だわ。

« テレビ東京木曜洋画劇場のCM | トップページ | 「ナッティ・プロフェッサー2」のキャスト欄 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/5335726

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2005年17号 スキップ・ビート!感想:

« テレビ東京木曜洋画劇場のCM | トップページ | 「ナッティ・プロフェッサー2」のキャスト欄 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ