« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

雑誌「ぱふ」2005年8月号 「スキップ・ビート!」特集

全部で6ページで仲村佳樹さんの筆記インタビュー2ページあり。「…」が多いのが仲村さんの今の状況を表しているのかも。七転八倒悩みながら執筆されているようすが伝わってきます。あまりご自身を追い詰めずに頑張って欲しいです。

なるべく尚を出してやりたいらしい(たしかに最近出番が…)。今のDARK MOON編で蓮の秘密が一部わかるらしい。特集ページでは恋愛自覚した蓮の相好をくずした様が単行本より一足早く見られたので満足。

雑草社OFFICIAL SITE:ぱふ
http://magical-j.com/zassosha/puff/

2005/06/29

映画「ルパン」公式ブログスタート

公式サイトは7月1日にオープンするみたいです。横浜で開催されたフランス映画祭で上映されたんですよね。知っていたけれど行けなかったのが残念。

ルパンブログ powered by ココログ
http://lupin.cocolog-nifty.com/
ルパン公式サイト - Arsene Lupin
http://www.arsene-lupin.jp/

□ルパン・トリヴィア・クイズ
調べて答えるのも面白くないので、調べる前に…1)黒澤明

池田乾「戦う!セバスチャン」ドラマCD第2弾発売決定

「Wings」2005年8月号にありました。発売は来年年明け。まだまだ先だけど楽しみ。

ドラマCC第1弾は現在発売中。

新書館:「戦う!セバスチャン」ドラマCD絶賛発売中!!
http://www.shinshokan.co.jp/comic/topics/topics_cebastiencd.html
クラブメール:池田乾「戦う! セバスチャン」ドラマCD
http://www.fairynet.co.jp/clubmail/html/av/F-01C.html

2005/06/28

「花田少年史」が実写映画化

一色まことさんの漫画「花田少年史」が映画化されて、7月1日から広島県の竹原市や三原市でロケが開始されるようです。

中国新聞・地域ニュース:竹原で再び映画ロケ 来月から
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200506250062.html

 監督は、初めて映画のメガホンを取る広島市出身の水田伸生氏。キャストは主役の花田一路に須賀健太さん、母親の寿枝役は篠原涼子さん、父親の大路郎役を西村雅彦さんら。

 「花田少年史」は、漫画家一色まことさんの作品。原作は昭和三十、四十年代の山村が舞台だが、映画では現代の港町の設定。一路が幽霊となった近所のおばあさんや女子高生らと遭遇し、彼女たちの願いに応えながら家族や友だちとのつながりを深める物語。

篠原さんも西村さんも「花田少年史」を演じるにはスマートな感じがする。体型はさておいて、合理的な考え・行動ができるというか…。そこはどう演じるかなのだけど。一路役の須賀健太くんは今秋2005年11月5日(土)公開の「ALWAYS 三丁目の夕日」に出演するようですね。こちらは原作どおり昭和30年代が舞台。
セントラルグループ - セントラル子供劇団ページ -
http://www.central-g.co.jp/gekidan/profile/g00001503.html
ALWAYS 三丁目の夕日
http://www.always3.jp/


「花田少年史」は過去にアニメ化されていて、原作の漫画は未読だけどアニメはお奨めです。2002年10月-2003年3月に日本テレビ系列で放送されました。アニメ化されていないという原作最終回エピソードを使った2時間スペシャルが見たいと常々思っていたけど、見たいよう。映画も日本テレビ製作なので映画化合わせでまた再放送されそう。

花田少年史(日本テレビの公式サイト)
http://www.ntv.co.jp/hanada/
花田少年史(VAPの公式サイト)
http://www.vap.co.jp/hanada/

日本テレビのサイトでは各話の予告映像、VAPのサイトではあらすじページでダイジェスト映像が見られます。ダイジェスト、中身を確認しようと思って見たら…泣いてしまった。ダイジェスト前半の男の子とお母さんのお話は第4話「ひまわりの咲く家」。後半の男の子とお父さんのお話は第20話「クリスマスプレゼント」と第21話「雪降る夜に」。


原作の漫画は単行本全4巻、単行本(新装版)全5巻、文庫本全4巻の3種類出ていますが、現在入手できるのは新装版のみのようです。新装版の第5巻には番外編としてアニメ用に描き下ろされた新作が収録されています。
講談社BOOK倶楽部:花田少年史
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_list.jsp?n=20&type=t&a=&t=&word=%89%D4%93c%8F%AD%94N%8Ej

「昭和ロボット漫画館」

発売元:アドプレス
出版年:2005年5月
編著者:遠藤汐著
価格:1500円(税込価格)

鉄人28号に関するものは以下の2つ(鉄人についてはほかにも言及あり)
・P144-151 鉄人28号
・P230-233 超人間ケリー

田川水泡からキューティーハニーまで、ロボットやサイボーグの漫画46作品を集めた一冊。一番面白かったのは「こちら亀有公園前派出所」のロボット警官かな(ほかの漫画はあまり知らないから)。2号と3号なんて忘れてたけど、確かに3号はちょっと鉄人ぽい。ほかの作品についても漫画の絵が掲載されているのがよかった。この布陣なら「究極超人あーる」に触れていてもよかったかもしれないけれど、この著者は読んだことあるだろうか。

Amazon.co.jp: 本: 昭和ロボット漫画館
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901184210
「昭和ロボット漫画館」遠藤汐/著
http://www17.ocn.ne.jp/~precious/works1.htm

榎木洋子&倉世春&真堂樹 合同サイン会情報

大阪なんて行けないから書かなかったけど、ウンポコの情報書いたのでこちらも。整理券が必要ですが、おそらく7月1日発売予定の新刊を購入すればもらえのだと思います。榎木洋子さんの新刊は緑のアルダシリーズの「龍の島」。

コバルトニュース -Webコバルト-
http://cobalt.shueisha.co.jp/news/

■榎木洋子&倉世春&真堂樹 合同サイン会のお知らせ
2005/07/09
2005年7月9日(土) 大阪 旭屋書店 天王寺MiO店
14:00〜
※サイン会には整理券が必要です。
※くわしくは書店までお問い合わせください。

池田乾さんのサイン会とかぶるなあ…。「龍の島」が発売されればやっと「水あふるる都」が読めるので嬉しい(「水あふるる都」あとがきに続いてますとデカ字で書かれてたので現在封印中)。

雑誌「ウンポコ」関連サイン会情報(氷堂涼二、池田乾、久世番子、南国ばなな)

「Wings」2005年8月号を読んだらサイン会情報が載ってました。6月30日(木)発売発売の「ウンポコ」Vol.2発売に合わせて開催されるようです。会場の書店で「ウンポコ」Vol.2を予約or購入した人に配布されます。各会場の連絡先は新書館のサイトからどうぞ。

新書館:夏だ! 祭りだ! サイン会だ! ウンポコ★サマー★スペシャル
http://www.shinshokan.co.jp/comic/mag/un_top.html#event

「ナデプロ!!」の氷堂涼二先生
  日時●7月2日(土)15時開催/場所●東京 ジュンク堂書店池袋本店

「戦う! セバスチャン」の池田乾先生
  日時●7月9日(土)15時開催/場所●名古屋 星野書店近鉄パッセ店

「暴れん坊本屋さん」の久世番子先生
  1日目:日時●7月16日(土)15時開催/場所●東京 丸善丸の内本店(丸の内oazo内)
  2日目:日時●7月17日(日)15時開催/場所●千葉 ときわ書店本八幡店

「あほも」&「アパメン」の南国ばなな先生
  日時●8月7日(日)15時開催/場所●鹿児島 ひょうたん書店Warp

名古屋、遠い…。時間があえば久世番子さんのサイン会に行きたいな。サインは雑誌じゃなくて単行本にしてもらうことは可能なのかな。8月号にあったけれど「暴れん坊本屋さん」は単行本化されるようですね。氷堂涼二さんの最新刊「天然!絶滅ヒーロー!!」第3巻は書店で見かけないと思ったら、ドラマCD全員サービスの応募券がついてるらしい?って歌が串田アキラだ!(注目はそこかい! でも串田氏の歌は9月に発売されるドラマCDでないと聞けない)。3巻の全員サービスは宇宙人組みによるオリジナルドラマCD。キャストはカシエル:関智一、ベルベット:矢島晶子、アスター:子安武人、ジュドー:関俊彦。(2人の関さんは兄弟役なわけね。キャラ名覚えてなくて検索してしまった)

mee-Maker web:ドラマCD 天然!絶滅ヒーロー!!
http://www.mee-maker.com/
http://www.mee-maker.com/hero.html

今回もう少しで7月号を買い逃すところだった。いつも読みたいものは先に立ち読みで済ませちゃうし、昨日久々に余裕ができてああ明日はWings発売日だなと思ってたけど、帰宅するまで7月号買っていないのに気づいてなかった。今日本屋に行ったらたまたま7月号と8月号両方置いてあったけれど。それにしても7月号と8月号は表紙の色がよく似ている。間違えて買う人いたりして。

聖りいざ「COMBINATION」

□基本データ
小学館から1-3巻発売中。以下続刊。

□光文社時代
当初連載されていた雑誌「バルプリティ」(1-2巻に収録)の休刊により連載終了。その後雑誌「コミックピット」の創刊により復活(3巻は創刊に先駆けて書き下ろし。連載分は4-5巻に収録)するが、休刊により中断。単行本書き下ろしで第6巻が発行される。カラーイラストや描き下ろし漫画等を収録したファンブック「COMBINATION F[A/U]N BOOK」も発売された。

□小学館と携帯配信
2009年に光文社の既刊6巻を3巻にまとめた単行本が小学館から発売。2009年末から新作サイドストーリー「COMBINATION exhivision」が「コミックi」「コミックシーモア」にて配信されている。


光文社版6巻発売後、続巻情報を奇数月20日前後にメール配信をしていたが、現在は公式サイトのブログに以降。内容は仕事情報、制作秘話等。公式サイトのアドレスは小学館から発売された単行本に記載されている。

著者は現在「伊庭竹緒」名義で雑誌「プリンセスGOLD」において「黄昏の楽園」を連載中。また、「COMBINATION」の期間限定サイトにあった「人外魔境チャット」は七穂せいさんのサイト「BANRI-NET.COM」に移植されている。

BANRI-NET.COM
http://banri-net.com/index.html


聖 りいざ - 株式会社小学館クリエイティブ
http://www.shogakukan-cr.co.jp/author/a12326.html
小学館:コミック:セイリイザ
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_wrt?isbn=9784778011062
国内最大のケータイコミックサイト 『コミックi』『コミックシーモア』
http://www.nttsolmare.com/comic_cmoa/index.html

□2009/12/11 最終更新

ポプラ社「怪盗ルパン全集」(旧ポプラ社版のシリーズ)

ポプラ社からは何度か怪盗ルパンシリーズが発行され、また、同じシリーズでも何度か改訂が行われている。ここで紹介するのは表紙絵の左上に黄色地に黒で題が書いてあるシリーズで、1980年代~1990年代に流通したバージョンです。

ポプラ社の旧版を発掘。私が所有していたものは以下の3冊。
・怪盗紳士(1958年初版。1988年第74刷)
・三十棺桶島(1959年初版。1987年第51刷)
・古塔の地下牢(1963年初版。1988年第59刷)

黄色地に黒字のタイトル、これこそ私にとってのルパンシリーズ。現在のところ「怪盗紳士」と「三十棺桶島」は新訂文庫版を読了していて、細かくは比較できないけれど、やっぱり言葉の言い換えがされている…。ほかに文庫版で残念なのは「大ニュース=ルパンとらわる」で頭文字がRの乗客というのがキーになっているけど、乗客の名前のつづりがかかれてないこと、「三十棺桶島」ではブルターニュ地方の地図がついていないこと。なお3冊とも当時の定価600円。今の文庫版と同じ…買っとけばよかったのに、ああ勿体無い。当時買えなかったからこの3冊しか持ってないわけだけど。

なお「怪盗紳士」は短編集なので収録作品も違う。ポプラ社新訂文庫版ではすべて発表順に収録。1はルパンシリーズ最初の短編で、1-3は連作。

○旧ポプラ社版「怪盗紳士」
1.大ニュース=ルパンとらわる
2.悪魔(サタン)男爵の盗難事件
3.ルパンの脱走
4.ハートの7
5.大探偵ホームズとルパン
※4と5はポプラ社新訂文庫版では「ルパンの大失敗」に収録。

○ポプラ社新訂文庫版「怪盗紳士」
1.大ニュース・ルパンとらわる
2.悪魔男爵の盗難事件
3.ルパンの脱走
4.奇怪な乗客
5.ぼくの少年時代


□ポプラ社「怪盗ルパン全集」タイトル一覧

巻数収録作番号旧ポプラ社版新訂作品No.タイトル備考
1-奇巌城44奇岩城
2-怪盗紳士11怪盗紳士ルパン
2-1大ニュース=ルパンとらわる1-11-1アルセーヌ・ルパンの逮捕
2-2悪魔男爵の盗難事件1-21-2獄中のアルセーヌ・ルパン
2-3ルパンの脱走1-31-3アルセーヌ・ルパンの脱獄
2-4ハートの72-41-6ハートの7
2-5大探偵ホームズとルパン2-21-9遅かりしエルロック・ショルメス
3-8・1・3の謎65813新訂版では「813の謎」に改題
4-古塔の地下牢77水晶の栓
5-八つの犯罪1312八点鐘
5-1古塔の白骨13-112-1塔のてっぺんで
5-2ガラスびんの秘密13-212-2水瓶
5-3海水浴場の密室殺人13-312-3テレーズとジェルメーヌ
5-4映画スターの脱走13-412-4映画の啓示
5-5実の母がふたりある男13-512-5ジャン=ルイの場合
5-6殺人魔女13-612-6斧を持つ貴婦人
5-7雪の上の靴跡13-712-7雪の上の足跡
5-8マーキュリー像の秘密13-812-8メルキュール骨董店
6-黄金三角109金三角
7-怪奇な家1716謎の家
8-青い目の少女1514緑の目の令嬢新訂版では「緑の目の少女」に改題
9-怪盗対名探偵32ルパン対ショルメス新訂版では「ルパン対ホームズ」に改題
10-七つの秘密86ルパンの告白
10-1日光暗号の秘密8-16-1太陽のたわむれ
10-2赤い絹マフラーの秘密8-56-5赤い絹の肩掛け
10-3古代壁掛けの秘密8-76-7白鳥の首のエディス
10-4三枚の油絵の秘密8-36-3影の合図
10-5地獄のわな8-46-4地獄の罠
10-6さまよう死神8-66-6さまよう死霊
10-7怪巨人の秘密-A2山羊皮服を着た男新訂版では未収録
11-三十棺桶島1110三十棺桶島
12-虎の牙1211虎の牙
13-ピラミッドの秘密---南洋一郎による偽作(冒頭に「麦藁のストロー(6-8)」が取り込まれている)
14-消えた宝冠53戯曲アルセーヌ・ルパン
15-魔女とルパン1413カリオストロ伯爵夫人
16-魔人と海賊王---非ルパン物「ジェリコ公爵」
17-ルパンの大冒険1919特捜班ヴィクトール
18-まぼろしの怪盗---
18-1まぼろしの怪盗-18二つの微笑を持つ女新訂版では未収録
18-2血染めのロザリオ---非ルパン物「赤い数珠」
19-ルパンの大失敗2--
19-1ぼくの少年時代1-51-5王妃の首飾り
19-2結婚指輪8-26-2結婚指輪
19-3消えた黒真珠2-31-8黒真珠
19-4ルパンの大失敗2-11-7アンベール夫人の金庫
19-5奇怪な乗客1-41-4謎の旅行者
20-妖魔と女探偵---非ルパン物「綱渡りのドロテ」
21-ルパンの名探偵1615バーネット探偵社
21-1おそろしい復讐16-115-1滴る水
21-2国王のラブレター16-215-2ジョージ王の恋文
21-3空とぶ気球の秘密16-315-6偶然の奇跡
21-4金の入歯の男16-415-4金歯の男
21-5トランプの勝負16-515-3バカラの勝負
21-6巡査の警棒16-615-8べシュー、バーネットを逮捕す
21-7ベシュー刑事の盗難事件16-715-5十二枚の株券
22-悪魔の赤い輪---非ルパン物「赤い輪」
23-ルパンと怪人1817バール・イ・ヴァ荘
24-ルパン最後の冒険2020カリオストロの復讐
25-ルパンの大作戦98オルヌカン城の謎
26-悪魔のダイヤ---ボワロー=ナルスジャックによる偽作「ウネルヴィル城館の秘密」
27-ルパンと時限爆弾---ボワロー=ナルスジャックによる偽作「バルカンの火薬庫」
28-ルパン二つの顔---ボワロー=ナルスジャックによる偽作「アルセーヌ・ルパンの第二の顔」
29-ルパンと殺人魔---
29-1ルパンと殺人魔---ボワロー=ナルスジャックによる偽作「ルパン、100億フランの炎」
29-2女賊とルパン---南洋一郎による偽作
30-ルパン危機一髪---ボワロー=ナルスジャックによる偽作

新訂版とはポプラ社の「シリーズ怪盗ルパン」(1999年発行)および「文庫版 怪盗ルパン」(2005年発行)を指す。「新訂」欄の番号は新訂版の収録巻を表したもの。作品No.とタイトルは作品リストによる。
作品リストのうち、旧ポプラ社版に含まれない作品はいくつかある。
「ルパンの告白」の「麦藁のストロー(6-8)」「ルパンの結婚(6-9)」
「バーネット探偵社」の「白い手袋……白いゲートル(15-7)」
「ルパン最後の事件(21)」、「アルセーヌ・ルパンの帰還(A1)」、「エメラルドの指輪(A3)」

ポプラ社:『怪盗ルパン全集』での検索結果
http://www.poplar.co.jp/shop/kensaku.php?junban=new&thumbnail_display=on&seriescode=5010


□2010/03/16 最終更新

ポプラ社「文庫版 怪盗ルパン」シリーズ
ポプラ社「怪盗ルパン全集」
「アルセーヌ・ルパン」邦訳一覧(別表)

2005/06/23

映画「男たちの大和/YAMATO」鹿児島ロケ

映画「男たちの大和/YAMATO」の鹿児島ロケに池松壮亮くんが参加したようです。公式ブログによると6月15日にクランクイン。原作知らないけれどこの記事内容からすると後日談的なシーンなのかなあ。南日本新聞は地元だから名前出してくれてるけれど、サンスポは出してくれてない。まっさきに名前を出してもらえるように頑張って欲しいな。写真で人に隠れてるのが池松君だろうか。

特年兵ユッチンの YAMATO 乗船日誌(映画公式ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/toeitoei/
南日本新聞 鹿児島県内ニュース:映画「男たちの大和」南薩ロケ順調/開聞など
http://www.373news.com/2000picup/2005/06/picup_20050621_8.htm
SANSPO.COM:仲代達矢ら平和願い熱演…映画「男たちの大和−」
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005062108.html

報道に採用されなかった池松君のコメントは公式ブログで見られる。
特年兵ユッチンのYAMATO乗船日誌:合同取材〜鹿児島編
http://blog.goo.ne.jp/toeitoei/e/80221eb54b2b7879135b27a8ecc1928b
そして最新の写真は↓で見られる。大きくなったなあ。
福岡アクターズスクール
http://www.himawari.net/fukuoka/


このYAMATOには蒼井優さんも出演するんだよね。もんぺってなかなか機能的な服装らしい。

SANSPO.COM:蒼井優、もんぺ姿に!「YAMATO」広島ロケ
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200505/gt2005052410.html


そしてこの映画のロケに使われたという戦艦「大和」の実物大セットが来月から公開されるらしい。ちょっと見てみたいかも。でも遠いよなあ…。

asahi.com : マイタウン広島 - 朝日新聞地域情報
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news01.asp?kiji=4300

映画「男たちの大和/YAMATO」のロケのため尾道市向島町の日立造船向島西工場につくられた戦艦「大和」の実物大セットが、7月17日から来年3月末まで一般公開されることになった。「映画のまち」尾道で制作された日本映画史上に残る大規模なセットだけに、地元の関係者は観光客増に期待を寄せている。
 セットは長さ約190メートル、高さ最大15メートル、幅約40メートルで、東映が約6億円を投じてつくった。艦橋から艦首までの前部を鉄骨やベニヤ板などで再現しており、主砲なども迫力がある。

2005/06/17

八神健「ななか6/17」

とりあえず概略だけ。DVD-BOX欲しいよ。

□基本データ
読み「ななかじゅうななぶんのろく」
全12巻。別に「ななか6/17+八神健傑作集」。
秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載作品
1-8巻が第1部、9-12巻が第2部。「ななか6/17+八神健傑作集」には連載前に掲載されたプロトタイプとなる読みきりが収録されている。
2003年1月-3月にアニメ化されて放送された。

AKITA Web Station/刊行物検索:八神健
http://www.akitashoten.co.jp/CGI/search/books_list.cgi?key=sakuhin&isbn=201210&
STARCHILD:スペシャル:ななか 6/17
http://www.starchild.co.jp/special/nanaka/

6月17日はななかの日。アニメ「ななか6/17」にオリジナルキャラで出演している矢尾一樹さんは6月17日生まれだけど、山寺宏一さんもそうだったのかー。そして仲村佳樹さんも(となると何としても今日中にスキップ・ビート!の新刊入手せねば)。おめでとうございます!

クレリネット - メモリアル・デー:6月17日
http://www.cleri-net.or.jp/cover/memorial/6-17.html

CD「ななか6/17 オリジナルドラマCD めもりーのーと」

  1. (プロローグ)ななかの日記
    4月12日のにっき「ウエイトレスななか」
  2. 6月17日のにっき「カンフーマスターななか」
  3. 10月23日のにっき「セクシーななか」
  4. 1月1日のにっき「おみくじななか」
    (エピローグ)5月21日のにっき

□CAST
霧里七華:千葉千恵巳
凪原稔二:鈴村健一
雨宮ゆり子:堀江由衣
嵐山甚八:志村知幸
嵐山五月:名塚佳織
霧里耐三:松山鷹志
吉田:檜山修之
風祭千恵:千葉紗子
露木万里:中山理奈
まじかるドミ子:真田アサミ
ピコ太:かないみか
店長(D-1):内藤玲
ウエイトレス(D-1):小林沙苗
男性客1(D-1):永野広一
男性客2(D-1):佐藤桂一
ユウキ(D-3):三瓶由布子

□感想
アニメに使われなかった原作エピソードから選り抜いたものをアレンジして作られたドラマCD。アニメと同じキャスト、同じ脚本家、同じ音楽なので、アニメで見られなかったのがホントもったいないなーと思う。

「ウエイトレスななか」
ななかとしては憧れのウエイトレスを経験できてめでたしかな。

「カンフーマスターななか」
ななかとドミ子の憧れの人・ヒロ先輩とオタクの鑑・吉田が同じ声なのはいかがなものかと!なんてね。無駄に爽やか〜なヒロ先輩。吉田もいいキャラしてます。

「セクシーななか」
皆さん「セクシー」の発音にこだわってますねえ。とりわけ風祭さんの言い回しがツボ。吉田とななかの掛け合いが秀逸。アレンジが上手いです。終始翻弄されて最後本音を漏らす雨宮さんがいじらしい。

「おみくじななか」
五月メインのお話。このCDに収められているものは稔二受難編ばかりだけど、この話が一番悲惨…でも傍らに雨宮さんがいるから同情はできないな。気の抜けたドミ子の託宣が面白い。

□試聴
JBOOK:商品詳細:CD:「ななか6/17」オリジナルドラマCD めもりーのーと:ドラマ
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/2227202/s/
@nifty:アニメ@nifty:プロモーション配信: 『ななか6/17』オリジナルドラマCD めもりーのーと
http://anime.nifty.com/promo/data/pcd030522e.htm

2005/06/09

鉄人28号期間限定生産DVD-BOX感想

いやあ完全に今川監督の世界ですよね(今川監督の作品がどういうものかは知りらないけど、この作品で原作に無い世界観があるとすれば今川監督の世界だろうし、実際にそうだと思う)。原作を理解し分解し再構築しているその過程で大量の今川監督成分が混入した感じ。フランケンシュタイン、包帯、月、怪物、(父)親と子、雨、夜、濃厚に重ね合わせていくその手法にどっぷり浸かってしまった。もともと28号、27号、モンスター(人造人間)、ケリーは原作でもフランケンシュタインの怪物の影響を受けているキャラクターだけど、それ(27号以外)を存在すべからざるモノ、時代の遺物として定義し同じ存在なんだよと言うのを前面に打ち出している。物語の全てが最終回への布石であることに改めて気づいて驚いた。

第2部は第1部に比べるとまとまっていない感じがするのだけど、そんなところが却って先の展開が読めなないし、コミカルなところもあって楽しい。見返してもやっぱり「まだら岩の怪人」の回が好きだ。晴れやかな昼間というのはこの回だけで、そこに罠が潜まれてたりするけど。でも〆とその前の回は敷島博士が締まらないなーって感じです。前途ある若者(村雨含む)と違って固まっちゃってる大人はどーしようもないな。

しかし大塚署長と高見沢さんはこの物語における清涼剤だとつくづく感じる。まだら岩の回で女…じゃないよななんて言われてぷんぷん怒ってる高見沢さん可愛い。どの回だったか忘れたけど正太郎があごをさすりさすりしてんのは大塚署長の癖が移ったかな? こういうところ、大塚署長から見てかわいくてたまらないんだろうなあ。


BOXではディスクが2つのブックケースに収納されている。上巻は第1部相当、下巻は第2部相当ときれいに分かれているし、ばら売りもそうだけどほぼエピソードごとにDVDのディスクが分かれているのがありがたい。ブック型ケースにはDVDが2枚づつ重なるように収納されているから下になったほうは取り出しにくいけど、この2枚づつでも大きな区切りがあるのも計算ずくなんだろう。再生が終わって夜中にメニュー画面になるとイラストとBGMがあいまってとっても怖い。

以下、特典の感想。
映像特典。番宣スポットはバラDVDに収録されていないものも含め2本収録。プロモーションビデオは1話アバンタイトル+「鉄人28号」の歌をバックにロボットたち+「進め正太郎」に合わせて人物達の映像で構成されててなかなかよい。劇場版の特報については別途。
アニメ劇場版「鉄人28号」の情報

解説書。声優のくまいもとこ、牛山茂、稲葉実お三方による座談会が嬉しい。設定図は殆どのキャラクターを網羅してて、マエストロ千住や黒部のロボットたち、背景(モブシーン)にこんな人たちがというような人たちも入っている。他に各話あらすじ、松本浩樹インタビュー、美術ボードなど。美術ボードで気づいたけど黒部の中央司令塔役?オックスは頭を手で持ってたのか、シュールだ。

ファンクラブ本。1ページ1体ずつ原作に登場するロボットが紹介されている。巻末には他横山光輝作品のロボットたち。個人的に原作で一番キュートなのは覆面をした不乱拳博士だと改めて思う。鉄人28号の連載年表付。

シールブック。なんとなく未開封。

超合金魂別ヴァージョン購入券。送料込7800円也。2004年9月に発売された超合金魂・鉄人28号の色違いでボディが黒。高いので手が出ない。(申込締切は2005年6月末)


□基本データ
2005年3月16日発売、期間限定生産
価格:50000円(税込価格)
特典:描き下ろしボックスパッケージ/布張りブック型デジパックケース/
ピクチャーレーベル/48ページカラーブックレット/
コレクションシール&ブック/原作版 鉄人28号 ガイドブック/
超合金魂「鉄人28号」スペシャルカラーバージョン購入券
映像特典:ノンテロップOP・ED/プロモーション映像/番宣SPOT/
劇場映画「鉄人28号 白昼の残月」特報
http://www.starchild.co.jp/kawara/050309.html

2005/06/07

雑誌「サスペリアミステリー」2005年7月号別冊ふろく 「獄門島」感想

原作:横溝正史
作画:長尾文子
初出:「サスペリアミステリー」2003年10月号-2004年2月号

「横溝正史生誕100年記念企画」で始まった長尾文子によるコミカライズの4本目の長編。この連載を読んだあと、小説で「悪魔が来りて笛を吹く」を読んで早苗さんに惚れていたことに気づいた。改めて読むと早苗さんが美人として描かれいること(今回美女じゃない人出てきてないから)、キーパーソンとして描かれていることが分かった。人物も話も丹念に描かれているので好きです。

この付録には金田一耕助の協力者の名前と、作中に描かれた年代をまとめた簡易年表がついている。磯川常次郎警部、等々力大志警部…等々力警部に下の名前があると初めて知った。サスペリアミステリ−はなかなか単行本が出ないので、こういったふろくはまとめて読むにはいい機会だったりする。最初に連載された「不死蝶」もコミックスにはなっていない。なお現在サスペリアミステリーでは「八つ墓村」が連載中(2005年6月現在)。

犬神家の一族
http://www.akitashoten.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?key=search&isbn=185118
名探偵金田一耕助の事件簿2 本陣殺人事件
http://www.akitashoten.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?key=search&isbn=185126
サスペリアミステリー
http://www.akitashoten.co.jp/CGI/autoup/listput.cgi?key=list&bunrui=018

「鉄人28号」のZIPPO

「鉄人28号」ジッポライターが発売されているようです。2004年度アニメ版が1種、実写劇場版が3種。

【楽天市場】ZIPPO 鉄人28号:鞄インポートバック専門店 桜市場
http://www.rakuten.co.jp/sakura1/399956/423767/669016/
【Zippo】ジブリアニメやスチームボーイとコミックのキャラクターZIPPO
http://www.barockhaus.co.jp/zippo-2anime&comic.htm

何故にTETSUJINなのか…あのロゴじゃないと敷島重工製だと分からないよー。ジッポのデザインからいくと実写劇場版のほうがかっこいい。ふたを開けると目の色が変わるのもよし。


あと、検索してたらこんなグッズの情報も。新着情報を掲載するページなのでもう情報が消えているかもしれませんが…。

丸井各店イベント情報
http://www.0101.co.jp/storeinfo/info/00074/info.html

『鉄人28号×PPFM』 コラボレートTシャツ発売  [ 6月中旬発売予定 ]

鉄人28号とPPFMとの、夢のコラボTシャツが登場!!
なんと、Tシャツと同デザインを着たフィギュアもついて限定発売いたします。
6月中旬発売予定(詳細は決まり次第、告知いたします)

3F PPFM

monomono
http://www.stellarplace.net/topics/index_contents.shtml

PPFM×バンダイ×BCG
夢のコラボレート PPFM2[イースト4F]

PPFM×バンダイ×BCG 夢のコラボレート
鉄人28号の映画実写版に続き、ストリートカジュアルブランドPPFMとの
コラボレートTシャツを発売。
数量限定のTシャツは2デザイン、2カラー 各\7,980
ただ今予約受付中!!

こちらは漫画版になるのかな。でもチラシ(?)のロゴは実写劇場版のものだ。フィギュアが気になるー。バンダイだから鉄人?でも鉄人が鉄人のTシャツ着るってのも変な話。6月中旬発売だそうなので、また情報が出ると思います。

2005/06/05

バンダイチャンネルで「ジャイアント・ロボ THE ANIMATION」配信

バンダイチャンネルで「ジャイアント・ロボ THE ANIMATION」全7話とその外伝である銀鈴シリーズ全3話の配信がスタートしました。「ジャイアント・ロボ特集」ページもあって結構充実してます。オープニングのロボットたちを描いたのは庵野秀明監督だったんですね。

それにしても何でNIFTYでは配信しませんか。自分はスペックが足らないから視聴できないだろうけれど…。

バンダイch、「ジャイアント・ロボ」2シリーズを配信開始:RBB NAVi (ブロードバンドコンテンツ 検索サービス) 2005-06-03
http://www.rbbtoday.com/news/20050603/23210.html
バンダイチャンネル
http://www.b-ch.com/
ジャイアント・ロボ特集
http://www.b-ch.com/contents/feat_g_robo/

バンダイチャンネルのジャイアント・ロボ特集にはキャラクター紹介もあるので折角の機会と思って「鉄人28号」との登場人物の比較記事を投稿してみました。
「ジャイアント・ロボ THE ANIMATION」と「鉄人28号」


補足。この記事を書いた後NIFTYでも配信が開始されました。
究極のアクション 究極のロボットアニメ そして究極の少年ドラマ ジャイアント・ロボ THE ANIMATION ついに推参!!
http://www.nifty.com/cineplex/feature/b-ch/g_robo_sp/

「ジャイアント・ロボ THE ANIMATION」と「鉄人28号」

2004年度アニメ「鉄人28号」と同じ横山光輝原作、今川泰宏監督作品「ジャイアント・ロボ THE ANIMATION」には漫画「鉄人28号」から引っ張ってきたものが結構あります。逆に「ジャイアント・ロボ」制作を生かしてアニメ「鉄人28号」に反映させたのではないかと思われるもの(声優の起用など)もあります。そんなつながりのあるものをまとめてみました。「鉄人28号」についてはアニメを中心にして「ジャイアント・ロボ」は基本的に本編のみとしてます。

□登場人物

鉄人28号ジャイアント・ロボ
村雨健次村雨健二
大塚署長九大天王・大塚署長(名前だけ)
不乱拳博士フォーグラー博士
ドラグネット博士シズマ博士
ビッグファイア博士(オープニングに登場)
PX団(原作ではブラック団)C級工作員

□登場ロボット

鉄人28号ジャイアント・ロボ
MONSTER(ロボット)(オープニングに登場)、BF団怪ロボット
モンスター(人造人間)(オープニングに登場)
ブラックオックス(オープニングに登場)
バッカス(オープニングに登場)
ロビー(オープニングに登場)
VL2号(オープニングに登場)、BF団怪ロボット
サターン(オープニングに登場)
ギャロン(オープニングに登場)、ギャロップ
ファイアII世(オープニングに登場)
ファイアIII世BF団怪ロボット

□キャスト

キャスト鉄人28号ジャイアント・ロボ
飯塚昭三金田博士鉄牛
幹本雄之村雨健次村雨健二、ナレーション
若本規夫村雨竜作戴宗
関智一辰、黒服の男、関刑事(他)解宝、エマニュエル
秋元羊介スリルサスペンスアルベルト
原康義ジョンソン、ケリーイワン、ヒィッツカラルド
矢島正明八木勝裕草間博士
麦人山岸博士カワラザキ
家弓家正ブラック博士中条静夫(中条長官)
島本須美敷島夫人銀鈴
中村正ビッグファイア博士諸葛亮孔明

□その他
・「ジャイアント・ロボ」の草間大作の服装は「鉄人28号」金田正太郎の服装(ブレザーに短パン。原作の正太郎は格子縞のジャケット。原作の大作はコート姿)
・「鉄人28号」の博士の名前「ビッグファイア」と、「ジャイアント・ロボ」の敵の名前「ビッグファイア」は原作の時点で同じ(「ジャイアント・ロボ」の原作では顔出しがない)
・「ジャイアント・ロボ」外伝「青い瞳の銀鈴」においてルード役で初代・金田正太郎を演じた高橋和枝がゲスト出演している

「花とゆめ」2005年13号 スキップ・ビート! 感想

著者:仲村佳樹

忘れてたけれど嘉月は風邪引いてたんだよね。ちゃんと設定した状況をを元に演技している蓮に対し自分はその場の対応に過ぎないことに気づいて落ち込むキョーコ。でも蓮から持ちかけた話だからずるいし落ち込むことはないよと言ってあげたい。何も知らないキョーコを試すということにはちょっと怒りたいけれど、心底好きな気持ちということ自体未体験で、しかもそれを隠し通し、さらに自分の行方を左右するローリィ対決が待っている蓮には、こういう方法で鍛えるのは仕方のないことなのかも。対決まで時間がないし。

お、押し倒したー。いや押し倒してないけれども。抱きしめてはいるな絶対。お目目うるうるなキョーコは蓮じゃなくても抱きしめたくなりますって。でも蓮がキョーコを押し倒したのはコレで2回目。もっとも本人は人事不省だったから覚えてないだろうけど。風邪の男を女が見舞うというのはが代マネ編のシチュエイションと同じだけどこのための設定だったんだろうな。蓮がこの状況を取り繕って無事隠しとおせるか、できるだけ早くキョーコ離れないと大変だぞ。でも風邪設定を生かして動けないという状況に持っていくかも。ああ、この状態で1ヶ月お預けかあ。

14号はお休みで次回は15号から。6月17日に単行本第10巻が発売されるので楽しみ。
それから、雑誌「ぱふ」の2005年8月号で「スキップ・ビート!」特集があるようです。
雑草社OFFICIAL SITE:ぱふ
http://magical-j.com/zassosha/puff/index.html
来月号のラインナップに名前あり。

2005/06/03

雑誌「インターネットマガジン」の表紙に鉄人28号

「インターネットマガジン」という雑誌の2005年7月号の表紙になぜか鉄人とサターンが登場してます。中身とは関係ないだろうけれど本屋で確認して来ようっと。

iNTERNET magazine
http://internet.impress.co.jp/rim/
はてなダイアリー - INTERNET magazine (インターネットマガジン) 07月号 [雑誌]
http://d.hatena.ne.jp/asin/B0009PLA0A/yamdasproject-22

スーパーチャンネルのスタートレック歴代艦長対談

SUPER CHANNEL:スタトレ 歴代艦長対談 完全版
http://www.super-ch.com/line/st/sttalk/

CSのスーパーチャンネルで「スタートレック まるごと20時間!」(2005/5/3〜5/5)という企画があり、その中で放送された歴代艦長を演じた声優による対談のテキスト版。出席者は以下の通り。

・ 矢島正明  (「宇宙大作戦/スタートレック」 ジェームズ・T・カーク船長)
・ 麦人  (「新スタートレック」 ジャン=リュック・ピカード艦長)
・ 玄田哲章  (「スタートレック ディープスペース・ナイン」 ベンジャミン・シスコ司令官)
・ 松岡洋子  (「スタートレック/ヴォイジャー」 キャサリン・ジェインウェイ艦長)
・ 谷口節  (「スタートレック エンタープライズ」 ジョナサン・アーチャー船長)

雑誌「宇宙船」で紹介されてて、ストリーミングかと思ったらテキストだったのでちょっとがっかりしたけれど、面白かった。矢島さんがいっぱいしゃべっているし(「宇宙大作戦」しか見たことがないので)。艦長5人による「宇宙大作戦」アフレコ版見てみたい。でも玄田さんのカークかあ…ボリューム感というのはなんとなく分かるけれども。松岡さんのウラってイメージできない…松岡さんの女性役見たことがないかもしれない。

たしかに「宇宙大作戦」のセットには古臭さやチープさはあるし、フィルムの古さにもびっくりしたけど、見始めはともかく十分受け入れられる程度だったな。ほかのシリーズを未見というのも幸いしたかも。でもスポックやカークが魅力的だったし、若山弦蔵さんの「宇宙 、それは人類に残された最後の開拓地である。」で始まるナレーションとOPもよかった。ほかのシリーズは見たことがないけれど、この対談でなんとなく魅力が分かった気がします。

2005/06/02

ポプラ社「文庫版 怪盗ルパン」シリーズとルパン100周年

書店の特設コーナーに平積みされていたのだけど、ポプラ社文庫から「怪盗ルパン」シリーズが全20巻で発売中で、オビに「ルパン100周年」とありました。最初の短編「ルパン逮捕される」が「ジュ・セ・トゥ」(私は何でも知っている。…子供心にこの言葉に惹かれてました)誌に掲載されたのが1905年。今年で100周年というわけです。去年フランスで映画が製作され、今年秋には日本でも公開が予定されています。

ルパン HERALD ONLINE(予告映像あり)
http://www.herald.co.jp/official/lupin/

もともとポプラ社からはルパンシリーズが全30巻で発売されていましたが、5年ぐらい前に新装版が出て全20巻と成ってしまい、今年2月に新装版の文庫版(といってもB6なので大きい)がでたようです。全20巻に縮められた際に省かれた内容は以下の通り。(数字は旧ポプラ社版の番号。<>内は偕成社版タイトル)

13 ピラミッドの秘密…南洋一郎による偽作
16 魔人と海賊王…ルブランの非ルパン物<ジェリコ公爵>
18 まぼろしの怪盗…ルブランのルパン物<二つの微笑を持つ女>
20 妖魔と女探偵…ルブランの非ルパン物<女探偵ドロテ>
22 悪魔の赤い輪…ルブランの非ルパン物<赤い輪>
26 悪魔のダイヤ…ボワロー&ナルスジャックによる偽作
27 ルパンと時限爆弾…ボワロー&ナルスジャックによる偽作
28 ルパン二つの顔…ボワロー&ナルスジャックによる偽作
29 ルパンと殺人魔…ボワロー&ナルスジャックによる偽作
30 ルパン危機一髪…ボワロー&ナルスジャックによる偽作

文庫版に収録されているのはすべてルブランが書いたルパンシリーズを元にした作品なので、それ以外をはずすというのは分かるけれど、「まぼろしの怪盗」は原作も暦としたルパンシリーズなのに、なぜはずされたのか不明です。それにしても「ピラミッドの秘密」が偽作とは驚きです。思えばいつものルパンと違っていた気もするけれど結構印象に残っていたので。偽作した南洋一郎はポプラ社版の翻訳者その人です。「ピラミッドの秘密」以外の作品も翻訳というより翻案というかアレンジが大きいですが、私にとってルパンといえばこの南洋一郎版。いくつか買いたいのがあるけど、全部買うと1万2千円になってしまうんですよね…。なお原作に比較的忠実かつルパンシリーズを網羅しているのは偕成社版だけです。

巻数ポプラ社文庫版タイトル偕成社版タイトル
1怪盗紳士怪盗紳士ルパン
2ルパンの大失敗怪盗紳士ルパン
3ルパン対ホームズルパン対ホームズ
4奇巌城奇岩城
5消えた宝冠ルパンの冒険
6813の謎813
7古塔の地下牢水晶の栓
8七つの秘密ルパンの告白
9ルパンの大作戦オルヌカン城の謎
10黄金三角金三角
11三十棺桶島三十棺桶島
12虎の牙虎の牙
13八つの犯罪八点鐘
14魔女とルパンカリオストロ伯爵夫人
15緑の目の少女緑の目の令嬢
16ルパンの名探偵バーネット探偵社
17怪奇な家謎の家
18ルパンと怪人バール・イ・ヴァ荘
19ルパンの大冒険特捜班ビクトール
20ルパン最後の冒険カリオストロの復讐

※旧ポプラ社版では順番がバラバラだったがポプラ社文庫版は原作の発表順に改められている。ルブラン原作で「ルパン最後の冒険」<カリオストロの復讐>のあとに<ルパン最後の事件>があるがポプラ社版は未収録。

ポプラ社:文庫版 怪盗ルパン
http://www.poplar.co.jp/shinkan-news/200502/
http://www.poplar.co.jp/shop/kensaku.php?seriescode=8006&one_word=文庫版 怪盗ルパン

偕成社:アルセーヌ・ルパン全集
http://www.kaiseisha.co.jp/cgi-bin/find2.cgi?page=bookshop_&pform=key&lstnum=10&cst=2&keysw=%a5%a2%a5%eb%a5%bb%a1%bc%a5%cc%a1%a6%a5%eb%a5%d1%a5%f3%c1%b4%bd%b8

2005/06/01

「横山光輝グッズコレクション」

副題:決定版!!画業50周年記念
発売元:講談社
出版年:2002年8月
編著者:光プロダクション/監修、横山光輝クラブ/監修、講談社/編
価格:2415円(税込価格)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3301605

□目次
・SFは未来の歴史 バビル2世を中心に 横山光輝インタビュー

・ブリキ玩具の世界
・グリコの世界
・プラモデルの世界
・ライフ・アイテムの世界
・ステイショナリーの世界
・DAGASHI・アイテムの世界
・カード・ゲーム・テレカの世界
・ソノシート・レコードの世界
・UFOキャッチャーの世界
・ポスター・販促の世界
・ガレージキットの世界

・「役者 京本政樹は語る」僕がグッズにこだわる本当の理由
・横山光輝作品ファン座談会
・横山光輝原作漫画の世界
・熊谷信夫インタビュー(大阪ブリキ玩具資料室 代表)
・グリコインタビュー
・赤松和光インタビュー(マーミット)
・鷺巣政安インタビュー
・「漫画家コレクション、横山光輝の世界」の舞台裏(文・安斎レオ)

□付録CD

No.タイトル作詞作曲作品タイトル発行年/発売元
1鉄人28号の歌三木鶏郎三木鶏郎西六郷少年合唱団鉄人28号 第2集1964年10月10日
2ドラマ『鉄人 超特急を守れ』朝日ソノラマ
3伊賀の影丸池田兼人阿部皓哉上高田少年合唱団伊賀の影丸1963年
4影丸マーチ池田兼人阿部皓哉上高田少年合唱団現代芸術社
5コマンドJのうた宮本敏橋場清上高田少年合唱団コマンドJ1965年
6ドラマ『コマンドJ危機脱出』ソノレコード株式会社
7魔法使いサリー主題歌山本清小林亜星不明魔法使いサリー1968年2月16日
8ドラマ『ドラゴンのツボのなぞ』朝日ソノラマ
9グランプリ野郎横山光輝中谷勝昭ポニージャックス、ひばり児童合唱団グランプリ野郎製作年不明/キングレコード
10ジャイアントロボ伊上勝山本毅雄マイスタージンガージャイアントロボ1967年10月23日
11ドラマ『ギロチン帝王の魔手』朝日ソノラマ
12忍者マーチ伊上勝小川寛興ヤング・フレッシュ・ボーカル・ショップ仮面の忍者赤影1967年6月30日
13赤影の歌伊上勝小川寛興ヤング・フレッシュ・ボーカル・ショップ朝日ソノラマ
14バビル2世東映一菊地俊輔水木一郎バビル2世1972年12月25日
15ドラマ『岩石ロボット ゴーリキ現る!』朝日ソノラマ

横山光輝作品のさまざまなグッズを集めた図録。横山光輝インタビューやグッズを開発したメーカーのインタビューもあり。横山光輝作品のソノシートやフォノシートから歌、ドラマを収録したCDが付録としてついていて約62分。貴重な横山光輝作詞曲が収録されている。バビル二世の作詞作曲者を初めて知ったけれど、作詞者がいかにもな名前だなーと思って検索したら菊地俊輔氏のダミーネームらしい。

付録CDの鉄人28号の感想は別記事に。
「横山光輝グッズコレクション」付録CD

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ