« 「横山光輝グッズコレクション」 | トップページ | スーパーチャンネルのスタートレック歴代艦長対談 »

2005/06/02

ポプラ社「文庫版 怪盗ルパン」シリーズとルパン100周年

書店の特設コーナーに平積みされていたのだけど、ポプラ社文庫から「怪盗ルパン」シリーズが全20巻で発売中で、オビに「ルパン100周年」とありました。最初の短編「ルパン逮捕される」が「ジュ・セ・トゥ」(私は何でも知っている。…子供心にこの言葉に惹かれてました)誌に掲載されたのが1905年。今年で100周年というわけです。去年フランスで映画が製作され、今年秋には日本でも公開が予定されています。

ルパン HERALD ONLINE(予告映像あり)
http://www.herald.co.jp/official/lupin/

もともとポプラ社からはルパンシリーズが全30巻で発売されていましたが、5年ぐらい前に新装版が出て全20巻と成ってしまい、今年2月に新装版の文庫版(といってもB6なので大きい)がでたようです。全20巻に縮められた際に省かれた内容は以下の通り。(数字は旧ポプラ社版の番号。<>内は偕成社版タイトル)

13 ピラミッドの秘密…南洋一郎による偽作
16 魔人と海賊王…ルブランの非ルパン物<ジェリコ公爵>
18 まぼろしの怪盗…ルブランのルパン物<二つの微笑を持つ女>
20 妖魔と女探偵…ルブランの非ルパン物<女探偵ドロテ>
22 悪魔の赤い輪…ルブランの非ルパン物<赤い輪>
26 悪魔のダイヤ…ボワロー&ナルスジャックによる偽作
27 ルパンと時限爆弾…ボワロー&ナルスジャックによる偽作
28 ルパン二つの顔…ボワロー&ナルスジャックによる偽作
29 ルパンと殺人魔…ボワロー&ナルスジャックによる偽作
30 ルパン危機一髪…ボワロー&ナルスジャックによる偽作

文庫版に収録されているのはすべてルブランが書いたルパンシリーズを元にした作品なので、それ以外をはずすというのは分かるけれど、「まぼろしの怪盗」は原作も暦としたルパンシリーズなのに、なぜはずされたのか不明です。それにしても「ピラミッドの秘密」が偽作とは驚きです。思えばいつものルパンと違っていた気もするけれど結構印象に残っていたので。偽作した南洋一郎はポプラ社版の翻訳者その人です。「ピラミッドの秘密」以外の作品も翻訳というより翻案というかアレンジが大きいですが、私にとってルパンといえばこの南洋一郎版。いくつか買いたいのがあるけど、全部買うと1万2千円になってしまうんですよね…。なお原作に比較的忠実かつルパンシリーズを網羅しているのは偕成社版だけです。

巻数ポプラ社文庫版タイトル偕成社版タイトル
1怪盗紳士怪盗紳士ルパン
2ルパンの大失敗怪盗紳士ルパン
3ルパン対ホームズルパン対ホームズ
4奇巌城奇岩城
5消えた宝冠ルパンの冒険
6813の謎813
7古塔の地下牢水晶の栓
8七つの秘密ルパンの告白
9ルパンの大作戦オルヌカン城の謎
10黄金三角金三角
11三十棺桶島三十棺桶島
12虎の牙虎の牙
13八つの犯罪八点鐘
14魔女とルパンカリオストロ伯爵夫人
15緑の目の少女緑の目の令嬢
16ルパンの名探偵バーネット探偵社
17怪奇な家謎の家
18ルパンと怪人バール・イ・ヴァ荘
19ルパンの大冒険特捜班ビクトール
20ルパン最後の冒険カリオストロの復讐

※旧ポプラ社版では順番がバラバラだったがポプラ社文庫版は原作の発表順に改められている。ルブラン原作で「ルパン最後の冒険」<カリオストロの復讐>のあとに<ルパン最後の事件>があるがポプラ社版は未収録。

ポプラ社:文庫版 怪盗ルパン
http://www.poplar.co.jp/shinkan-news/200502/
http://www.poplar.co.jp/shop/kensaku.php?seriescode=8006&one_word=文庫版 怪盗ルパン

偕成社:アルセーヌ・ルパン全集
http://www.kaiseisha.co.jp/cgi-bin/find2.cgi?page=bookshop_&pform=key&lstnum=10&cst=2&keysw=%a5%a2%a5%eb%a5%bb%a1%bc%a5%cc%a1%a6%a5%eb%a5%d1%a5%f3%c1%b4%bd%b8

« 「横山光輝グッズコレクション」 | トップページ | スーパーチャンネルのスタートレック歴代艦長対談 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

文庫本で除外された「ピラミッドの秘密」は
ルブラン原作の短編集「ルパンの告白」から

2短編「地獄の罠」と「麦藁のストロー」を冒頭と結末に使い
真ん中の物語の大半が南氏の創作ですね。

「地獄の罠」は新版「7つの犯罪(ルパンの告白)」に戻されてますが

「麦藁のストロー」はこの「ピラミッドの秘密」の巻が無くなってしまったため
ルブラン原作にも関わらず除外された形となりました。

昔読んだのはたぶん、改訂後のほうだと思います。
「地獄の罠」が入ったバージョンは読んだことがありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/4374736

この記事へのトラックバック一覧です: ポプラ社「文庫版 怪盗ルパン」シリーズとルパン100周年:

» 一度は行きたい国~フランス①ルパンの国~ [アスニーの落書き帳]
 一度は行きたい国を紹介していきます。行きたい所があり過ぎて、順不同ですがあしか [続きを読む]

« 「横山光輝グッズコレクション」 | トップページ | スーパーチャンネルのスタートレック歴代艦長対談 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ