« 映画「アークエとガッチンポー THE MOVIE」感想 | トップページ | 「鉄人28号」関連書籍 »

2005/05/12

タイムスリップ昭和展 -EXPO'70とその時代-

2005年4月27日(水)-5月9日(月)
新宿タカシマヤ

訪問日:5/8
大阪万博後に生まれた私にとってこれが大阪万博初体験。まずは大阪万博ゾーンでタイムカプセルの中身の紹介や三波春夫や岡本太郎のコーナーがあった。会場全体のミニチュアも展示されていて当時の未来都市という感じがしてなんだか可愛かった。でも展示品をただ眺めるより記録映像の方が興味深かった。人間洗濯機の映像も初めてみた。会場内騒がしくはなかったんだけど、壁にかかったテレビ映像は音声が聞き取りにくかったのが残念。シアターコーナーではカーテンで区切られているのでちゃんと聞こえるけれど全部見るとすると1時間かかるので全部は見なかった。昭和の風景の映像は見たかったけど放映される順番は表に書いてある映像一覧と違うらしくいつ流れるか分からなかったので断念。「ALWAYS 三丁目の夕日」の記者会見も流れていて最後に建設中の東京タワーが映ってたような気がする。

つぎに昭和ゾーンで三輪自動車の展示や再現されていた居間は確かに昔のドラマ(再放送)で見たことがあるという感じで、ネコがいたり細かいところも凝ってるんだけど見ているだけじゃつまらないかも。壁に年表が貼ってあって、主な出来事や、豆腐や床屋の値段などを例に物価の推移を表していたんだけど、私の生まれ年は入ってなかった。喜んでいいんだか悔しむべきなのか(年表の範囲は昭和22年〜50年)。

ウルトラマンとバルタン星人のオブジェの次にあった「鉄人28号」グッズは大きな鉄人28号に関する説明プレート付きでケースの中にぎっしり展示されていた。人形とか鉄人タンクとかトランプとか雑多なものを取り揃えていて実写TV版のビデオが2巻ともあった。1度は見てみたいなあ。「少年」別冊付録の冊子もあった。B6くらいなのかな、小さい。色塗りの機微も分かってよかった。昔のグリコのおまけに2〜3cmの鉄人人形があるのだけど、それが鉄人28号茶碗の中に盛られていて私のツボにクリーンヒット。食うのか?!

グリコのコーナーでは歴代のグリコのおまけの一部や歴代のタイムスリップグリコ(たぶんシークレット含む全部)が飾られていた。グリコの“一粒300メートル”というキャッチコピーは昔佐賀にあった「博多まで」(大粒で一度口に入れれば博多に着くまで嘗められる)という飴の名前からヒントを得てつくられたそうだ。大正から現代までのおまけが年代ごとに展示されていたけど、昔遊んでたおまけがあって嬉しくなってしまった。タイムスリップグリコは興味がなかったから鉄人28号編しかもって無いけど、こうしてみると欲しくなってくる。第1弾第2弾の鉄人とかダルマストーブとか…無理だろうなあ。

最後に愛知万博ゾーンがあったけれど、おまけという感じで見るものはなかった。


会場外には給食を体験できるコーナーが用意されていた。私が実体験した給食では揚げパンはあったけど、ソフト麺は無かった、はず。ミルメークもなかった。で、食べてみたのはごはん、カレーソース、くじらの竜田揚げ、牛乳、ミルメーク、〆て1150円(高っ)。カレーソースはホントにソースだったので竜田揚げも頼んでてよかった。お腹すいてたしね。

食器はステンレス色の食器(アルマイトというらしい)でこれは実体験したこと無いけど、先割れスプーンは勿論実体験済み。食べづらい。そして食堂の壁に貼られていた掃除当番表がツボだった。円形に切った厚紙に掃除班の名前を書いて、掃除する場所を書いた厚紙に画鋲で止めて回して担当を決めるヤツ。「教室」とか「ろう下」とか懐かしい。

食べていたら斜め前に座ったカップルが袋に入ったソフト麺を手際よく2つに分けて(頭のよいことにソフト麺1つに対しミートソースとカレーソースの2つを用意してた)昔は麺を全部入れると容器に入りきらなかったよね、とか言ってて、その隣に後からきたカップルがソフト麺ちゃんと2つに割った?そのままだと入らないでしょとか言ってたのが面白かった。なるほど。今回の会場の食器は大きめだったので1度に入れても大丈夫だったようだけど。


物販コーナーのノスタルジック・ヒーローズさんの売り場の壁には2004年TVアニメ版の大きなポスターが3つ貼ってた。去年の告知ポスターなのでテレビ東京4月7日放送開始って放送してないけど。BSでは放送してるけど。あと本のコーナーに「鉄人28号論」と「空想科學小説 鉄人28号」を売ってたのも一応チェック。。


新宿タカシマヤWEBチラシ(2005年4月27日(水)号)
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/webflier/index.html
ノスタルジックヒーローズ:タイムスリップ昭和展
http://www.nostalgic-heroes.com/timeslip/timeslip.html
懐かしの大阪万博EXPO70
http://www.expo70.jp/

« 映画「アークエとガッチンポー THE MOVIE」感想 | トップページ | 「鉄人28号」関連書籍 »

歴史・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/4089875

この記事へのトラックバック一覧です: タイムスリップ昭和展 -EXPO'70とその時代-:

» [愛知万博] [調べるのか?: [愛知万博]]
愛知万博2005年日本国際博覧会(にせんごねん にほんこくさいはくらんかい The 2005 World Exposition, Aichi, Japan)は、2005年3月25日から同年9月25日まで、愛知県瀬戸市および同県愛知郡(愛知県)(愛知郡)長久手町・豊田市の2会場で開催されている国際博覧会である... [続きを読む]

« 映画「アークエとガッチンポー THE MOVIE」感想 | トップページ | 「鉄人28号」関連書籍 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ