« 実写劇場版「鉄人28号」の今後の上映予定 | トップページ | ムック「アクターズ・スタイル SPRING 2005」 »

2005/05/03

「花とゆめ」2005年11号 スキップ・ビート! 感想

著者:仲村佳樹

前号が前号だけに心配だったけど、よかった、しっかり恋する男じゃないですか。愛いやつ。ローリィの試験を明日に控えて嘉月役を掴む為キョーコ相手にDARK MOONごっこを仕掛ける蓮ですが、夜に男の部屋に16歳の女の子が訪問って…普通警戒しろよー(警戒させろよ社さん、喜んでないで)。でも信用してますよ。単純にどんなレッスンになるか楽しみ。あとゴシップ記者とかいないかも心配だな、瑠璃子ちゃん対決のときにいましたよね。

ところでローリィは「月籠り」若しくは前の嘉月役の関係者なのかなあ。思えば主役が所属するとはいえ監督がプロダクションの社長を訪問するのもおかしいといえばおかしいし、直接蓮が嘉月役に相応しいかどうか試すというのも普通やらないよね。

« 実写劇場版「鉄人28号」の今後の上映予定 | トップページ | ムック「アクターズ・スタイル SPRING 2005」 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/3957411

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2005年11号 スキップ・ビート! 感想:

« 実写劇場版「鉄人28号」の今後の上映予定 | トップページ | ムック「アクターズ・スタイル SPRING 2005」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ