« 東京国際アニメフェア2005で実写劇場版「鉄人28号」関連の出展 | トップページ | 「花とゆめ」2005年9号 スキップ・ビート! 感想 »

2005/04/06

雑誌「シナリオ」2005年5月号

http://www.jbook.co.jp/product.asp?jan=4910042130558
http://www.mmjp.or.jp/gekkan-scenario/
発売元:シナリオ作家協会
出版年:2005年4月2日
価格:830円(税込価格)


実写劇場版「鉄人28号」のシナリオが掲載されている。貴島レイラ・ニールソンは元はリー・麗羅だったようだ。映画見たとき何でいきなり零児よばわりよと思っていたのだけど、1シーンすっとばされたっぽい(記憶に無いからカットされたんだと思う)。他はおおむね上映版に反映されている。正太郎の「…」多すぎ。でもその間が自然だったのは池松くんの演技力だと思う。

脚本家のコメントも掲載されているけど、この映画に対する注文が多すぎたんじゃないのかな? それを処理するので一杯で結局中心が不明確になりちぐはぐになったと言う印象。一番描きたいことを残してあとはいくつかばっさり切っちゃってもよかったんでは(個人的にまず切るべきは初恋もどきだと思う)。鉄人を重機として描くという方向は間違ってないと思うけど、シナリオからでなく映画からの感想として、正太郎は操縦したんだけど鉄人は…という方向に持っていくなら鉄人に関する描写が足りない。企画した人たちは鉄人28号に対するイメージがあるのかも知れないけどそれぞれ少しずつ違っているから、どういう鉄人として描きたいかが分からなくなってる。

« 東京国際アニメフェア2005で実写劇場版「鉄人28号」関連の出展 | トップページ | 「花とゆめ」2005年9号 スキップ・ビート! 感想 »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/3583348

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「シナリオ」2005年5月号:

« 東京国際アニメフェア2005で実写劇場版「鉄人28号」関連の出展 | トップページ | 「花とゆめ」2005年9号 スキップ・ビート! 感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ