« 雑誌「小説すばる」2005年5月号 ロボコラム大特集 | トップページ | 別冊宝島「正義の味方の値段がわかる本」 »

2005/04/23

「花とゆめ」2005年10号 スキップ・ビート! 感想

著者:仲村佳樹

キョーコへの気持ちに気づいた蓮ですが、そのまま恋愛に走るかといえばそうはいかないみたいで、停滞してます。何が足かせになってるんだろう。でも(偶然ならともかく)坊の姿でわざわざ会いに行くというのはあまり感心しないな。正体を隠したり別人になりすまして本心を聞くというのは王道なんだけど。

次は蓮がローリィと対決です。蓮は嘉月役を取り戻すことができるんでしょうか。

« 雑誌「小説すばる」2005年5月号 ロボコラム大特集 | トップページ | 別冊宝島「正義の味方の値段がわかる本」 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/3819636

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2005年10号 スキップ・ビート! 感想:

« 雑誌「小説すばる」2005年5月号 ロボコラム大特集 | トップページ | 別冊宝島「正義の味方の値段がわかる本」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ