« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

池田乾 「戦う!セバスチャン」 ドラマCD続報

「Wings」4月号。3月25日発売予定の「戦う!セバスチャン」ドラマCDのアフレコ・レポートあり。キャスト全員のコメントがありました。集合写真も出てましたが大川さんしか分からなかった。新書館から3月30日に発売される季刊「ウンポコ」創刊号にはセバスチャン、ユーゼフ、デイビット(大川透、森川智之、小西克幸)のお兄ちゃん組によるメッセージCDが付くそうです。

えーと、“お兄ちゃん”と言うのが憚られる年齢のキャラが1人混じっているような…って言ったら呪われるかも、あわわ。

その「ウンポコ」ですが、買うかどうか迷ってたんだけど、メッセージCD付くなら買わねば。羽崎やすみさんが来るのが嬉しい。創刊号だけじゃなく描いて欲しい。「ハックルベリー」は4月20日発売予定で、高橋明さんの「傀儡」と宮本佳野さんが楽しみかな。「Wings」5月号からは十波妙子さんの新連載が始まると予告にあったし、いろいろ収穫の多い今号だった。

あと、「ぱふ」の次号(2005年5月号)で「戦う!セバスチャン」の特集があるようなのでメモ。

新書館:「戦う!セバスチャン」ドラマCD予約受付はじまりました!!(1/28)
http://www.shinshokan.co.jp/comic/topics/topics_cebastiencd.html
新書館:コミック・リスト_池田乾
http://www.shinshokan.co.jp/shopcart/list/comic/c90-ikeda.html
新書館:「季刊ウンポコ」ただいま製作中!!
http://www.shinshokan.co.jp/comic/mag/unpoco_top.html

2005/02/27

「トリセツ」 2005年2月24日放送 「ロボット」

愛知万博(個人的には森を壊しといてそう名乗るかよという感があるので愛称はなんとも。)の開催と実写劇場版鉄人28号公開に合わせてロボットについて取り上げていました。

ヒューマノイドロボットの開発についての概要があり、そして日本の数々のロボットを紹介していた。QRIOの動きすごい。でもASIMOと握手したい。一番印象に残ったのは楽しそうに説明するfuRoの人(古田貴之氏)。アトムより博士がすごいと考える3歳児ってすごいな。

愛知万博に出品されるというトヨタの「i-unit」を操縦する松任谷氏はちょっとうらやましい。愛知万博には73体のロボットが出品されるそうです。実写劇場版の鉄人28号に関しては一部映像とCGの紹介と富樫森監督のコメントが少し出ていました。

冒頭とラストに出ていた“開発中の鉄人28号ロボット”が気になる。いい動きするしかわいい。大きさは20センチ強くらいにみえる。
(補足。トリセツに出ていたロボットはヴイストンから発売の「鉄人28号」でした。大きさは38cm。番組に出ていたものは青色でしたが、実際に販売されるのは青みの入った灰色(2004年アニメの鉄人の色)です。)

トヨタ:i-unit概要
http://www.toyota.co.jp/jp/news/04/Dec/nt04_1201d.html
未来ロボット技術研究センター・fuRo
http://www.furo.org/
テレビ朝日「トリセツ」のサイト
http://www.tv-asahi.co.jp/torisetsu/

2005/02/26

アニメ「鉄人28号」公式サイト RELEASE情報更新

RELEASE情報が更新されてました。DVDの表紙画像がすべて出揃いました。アルバムのところにちゃっかり「劇場実写映画 鉄人28号 サウンドトラック」も混じってますね。

これが最後の更新となりませんように。

「J-アニメーション究極大鑑」

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031490898&Action_id=121&Sza_id=A0
(シリーズ名:ぴあシネマニアック・シリーズ Vol.03)
発売元:ぴあ
出版年:2005年2月
編著者:坂井由人監修
□鉄人28号が関連するページ
鉄人28号(2004)…P25(1P)
鉄人28号(1963)…P261(1/2P)

「J-アニメーション究極大鑑」で2004年度版アニメ「鉄人28号」が取り上げられていました。この本は2005年から遡って242タイトルのアニメが紹介されています。

「昭和中期のカラーページの雰囲気」という表現はひねってますね。デジタルなところもあるアニメだけど、アナログな雰囲気もありくすんだ色といいそんな感じもする。くまいもとこさんについては「花田少年史」といい表裏の無い少年についてはお手の物とあって、「花田少年史」の名前が出ていたのが嬉しかった。それまで名前も声も知っていたけど、このアニメでくまいさんについてはっきり認識したというか演技がよかったので。アニメ自体もとっても良い作品です。

2005/02/25

仲村佳樹 「スキップ・ビート!」 第9巻

最初単行本の色が変わった?と思っていたら背表紙と裏表紙はいつもと同じオレンジでした。絵にあわせて表だけ青にしたようだ。表紙になっているのは花とゆめ本誌で扉絵に使用された絵のだけど、この表紙で買った人は表紙の人物が恋愛オンチ野郎だとは思うまい。

飛鷹くんが洗濯物くぐって迎えに来るシーンかっこよかったー。まあモー子さんはショタコンではないだろうけど、これからも共演があるといいな。

2005/02/24

今夜の「トリセツ」は「新ロボット鉄人28号と21世紀最新ロボット」

今夜の「トリセツ」でロボットが取り上げれられるようです。知っていたのにすっかり忘れていた。Yahoo!テレビ番組表によると副題は「新ロボット鉄人28号と21世紀最新ロボット」 。放送はテレビ朝日で2月24日の24:51-25:21。

ちなみに実写劇場版の「鉄人28号」はテレビ朝日が協賛している。だから地上波ではテレビ朝日でしかCMが流れていないはず。この番組で宣伝を兼ねて取り上げるのだと思う。

http://www.tv-asahi.co.jp/bangumi/

トリセツ

今年3月、懐かしいアニメ「鉄人28号」が実写版となって映画公開される。今夜は「鉄人28号」と共に、驚くべき進化を遂げた最新ロボットのトリセツをお送りします。

【番組内容】
世界的に見てもロボット大国と言える日本。間もなく始まる愛知万博では実に70体以上のロボットがお披露目されるという。果たして、人間とロボットは共存できるのだろうか?実写版「鉄人28号」と最新ロボットのトリセツをお送りします。

【出演者】
案内人:松任谷正隆

秋乃茉莉 「新Petshop of Horrors」 第1巻

朝日ソノラマの雑誌「夢幻館」連載分+番外編としてその名も「Petshop of Horrors」(ぶんか社)という雑誌に掲載された1編を収録。番外編は全部で3部作らしいのだけど、番外編を掲載していた雑誌が2号で休刊になってしまったため、最後の1編はまだ形になっていない。ぜひ完結させて欲しい。

「B-CLUB」という昔の雑誌を漁っていたとき見つけた今川泰宏監督のスタートレックに関するエッセイ(知ったかぶりのスタートレック)の挿絵が秋乃さんで、秋乃さんがトレッキー??と疑問だったのだけど、同じく「B-CLUB」のジャイアントロボに関するエッセイ(ジャイアントロボ裏の道)で今川監督が「アップルミステリー」(主婦と生活社・宙出版)の読者であることを露呈していて疑問氷解。こちらのエッセイは細倉ゆたかさんが挿絵で、秋乃さんも細倉さんもアップルミステリーで描いていた漫画家だったから。新のついていない「Petshop of Horrors」もアップルミステリーに連載されていたが現在朝日ソノラマで文庫化(全7巻)されている。

ところで「Petshop of Horrors」はかつて「ワンダフル」という深夜番組内でアニメ化されている。ふと調べてみたらシリーズ構成&第1話脚本今川泰宏!! そうか、そうだったか。でも私はこのアニメ1日しか見られなかった。前後どちらか1ヶ月ずれていれば見られたんだけど。

MADHOUSE:作品一覧 Petshop of Horrors
http://www.madhouse.co.jp/works/w_tpetshop.html

2005/02/22

3月10日に横山光輝関連書籍が発売予定

3月上旬に横山光輝関連書籍が発売予定で紹介した書籍は「横山光輝のすべて」というタイトルで2005年3月10日発売予定のようです。楽天とAmazonで表紙画像が見られます。鉄人28号がど真ん中です。

http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/0001757797/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777801357/

3月中旬に鉄人28号関連書籍が発売予定

e-honに鉄人28号関連本発売との情報がありました。やった!これで紹介できる。「鉄人28号論」と言うタイトルで3月中旬にぴあから発売予定のようです。値段はちょっとお高いかも?
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=4835609980&Sza_id=MM

『鉄人28号』のすべてがわかる、永久保存版!昭和31年、横山光輝が雑誌『少年』で連載を開始して以来、ロボット漫画の金字塔として幅広い世代のクリエイターや作品に影響を与え続けている稀代の名作『鉄人28号』。今春には、新作アニメ映画やビジュアルエフェクトを駆使した実写版映画が劇場公開予定など、新たなムーブメントも最高潮を迎えます。数多くの社会現象を生み出してきた『鉄人28号』を、マンガ、アニメ、映画など様々な角度から徹底分析し、その独自の作品世界に迫るコンプリートブックです。

これで紹介できると思ったのは、ブロク検索で鉄人28号関連本が発売されるらしいというのを知っていたからずっと公式な情報が出るのを待っていたのだ。クラシックモダンの足立和博氏のブログにあるのは上記の本で確定だろうけれど、fuRoの座談会もこの本だろうか。一応両方とも紹介しておく。クラシックモダンの足立氏は鉄人28号をモチーフとしたガレージキット製作を行っていて、「横山光輝ロボット・ウォーズ」など食玩の原型師を務めたりもしている。fuRoの先川原氏はテレビ番組「ワールド☆レコーズ」のロボットバトルで解説している人だ。

クラシックモダン的報告帳:2005年1月7日いよいよ開店でっせー
http://blog.goo.ne.jp/ciassic_modern/e/6b74fed2b9b120402cb6aee4995cb4ba

それと、昨年末にワークショップキャストの生嶋氏と速水氏と私の3人での対談をしました。 (株)ぴあ刊[鉄人28号論](2〜3月発売予定)に掲載されます。3人とも鉄人28号が大好きなので話に花が咲き大変楽しかったです。

fuRo ---未来ロボット技術研究センター:鉄人本
http://furo.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/post_9.html

鉄人28号の書籍企画をfuRoが一部手伝うことになった。昨日、編集者がfuRoを訪れ取材をしていった。本気で鉄人28号を作るとしたら技術的にみてどこが難しいのか、製作費はいくらぐらいになるのか、所長含め研究員がああでもないこうでもないと座談会形式で討論。発行は来春の予定。

実写劇場版「鉄人28号」公式サイトリニューアル

実写劇場版の公式サイトがリニューアルされてました。いろいろかっこよくなっている。
でもペーパークラフト、作る人いるの?? 作ってみたいけど、プリンタがないからなあ…。お面みたいにどこかの劇場で配るとかあるのかな。

http://www.tetsujin28.jp/

2005/02/21

鉄人28号メモ (2005/02/21現在)

□実写劇場版「鉄人28号」
2005年3月19日公開予定。公式サイトで予告が見られる。
前売り券発売中。鉄人28号かブラックオックスのストラップが貰える。
http://www.tetsujin28.jp/
2005年2月25日にメイキングDVD「MAKING of 鉄人28号」を発売予定
http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=2538485
2005年3月2日にサントラCD(音楽:千住明)発売予定
http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=2544181

□アニメ劇場版「鉄人28号」
2005年公開予定。2004年度TVアニメと同じスタッフによる劇場版で現在製作中。
「鉄人28号 公式ガイドブック」で断片的にだが製作進行中であることが窺い知れる。
正式発表待ち。

□実写劇場版「鉄人28号」のローソン限定DVD付チケット予約受付中
予約締め切りは2月27日。
http://www.at-lawson.com/AboutView.cfm?LayoutGroupID=7300#b04
ローソン限定のオリジナルDVD「鉄人28号完全ガイド」では、原作、モノクロアニメ、カラーアニメ、映画の“鉄人”が揃い踏みらしい。2004年アニメの鉄人もパッケージに登場。約18分(予定)。

□CSキッズステーションで2004年度TVアニメ「鉄人28号」放送中
2004年1月24日から毎週月曜〜金曜の22:00と25:00に放送中(〜2月28日)。2月12日から土曜と日曜のゴールデンタイムに2話連続放送中。
キッズステーション番組表
http://www.kids-station.com/info/list/tvmenu.html
http://www.kids-station.com/program?WORK_ID=PROGRAM_LIST&REQUEST_ID=SEARCH&KEY_WORD=4

□BSジャパンで2004年度TVアニメ「鉄人28号」放送予定
放送開始は2月24日(木)から月曜〜金曜の07:20放送。
Yahoo!テレビ:「鉄人28号」での検索結果
http://tv.yahoo.co.jp/bin/search?c=&m=&p=%C5%B4%BF%CD28%B9%E6&area=tokyo&cate=0&s=2
BSジャパン
http://www.bs-j.co.jp/

□2004年度アニメ「鉄人28号」DVD(バラ)
現在8巻まで発売中、最終巻9巻は3月2日発売予定。

□2004年度アニメ「鉄人28号」DVD-BOX
2005年3月16日発売予定
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006M5YA8/

□「鉄人28号 公式ガイドブック」発売中
2004年12月発売。出版社:小学館。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31463683
2004年度アニメの公式ガイドブック

□タイムスリップグリコ「思い出のマガジン」のシークレットはカッパ・コミクス鉄人28号
光文社から出た横山光輝氏の単行本で、第10巻「人造人間の巻(上)」
関東地区でも発売中
http://www.ezaki-glico.net/chara/tsg_magazine/
http://www.ezaki-glico.com/release/20041201/

□鉄人28号の電子ライターで超合金魂のプレゼント企画
鉄人28号の電子ライターを買って応募すると抽選で超合金魂・鉄人28号が当たる
http://www.hirota-lighter.co.jp/tetsujin28/

□漫画 長谷川裕一 「鉄人28号 皇帝の紋章」
最終巻(第3巻)は2005年2月23日発売予定
http://shop.kodansha.jp/bc/comics/kc/boy_02.html#f

2005/02/20

鉄人28号DVD-BOXのイラスト

鉄人28号DVD-BOXのWebにあがっているイラストが新しくなってました。おとろしかっこいー絵だけど、見ているとやっぱり怖い。

以前にあがっていたイラストが使いまわし絵だったので落胆していたけど、俄然買う気が出てきました。見たところ手書きっぽいのだけど、小説と同じくアニメの美術担当の松本浩樹さんの絵だろうか。BOX表面の手触りもつるつるじゃなく何か工夫されているといいな。

http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=vd&cf=0&id=350333
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006M5YA8/

2005/02/17

BSジャパンで2004年度TVアニメ「鉄人28号」放送予定

放送開始は2/24(木)。月曜〜金曜の07:20〜07:49放送。

Yahoo!テレビ:「鉄人28号」での検索結果
http://tv.yahoo.co.jp/bin/search?c=&m=&p=%C5%B4%BF%CD28%B9%E6&area=tokyo&cate=0&s=2
BSジャパン - 日経グループ・テレビ東京系 BSデジタル局
http://www.bs-j.co.jp/

「でじたるテレタビーズ」という番組の後番組のようだ。「テレタビーズ」って確か牛山茂さんがナレーションをしていたはずだけど、「でじたるテレタビーズ」にも出ていたのかな。

2005/02/15

唐招提寺展 国宝鑑真和上像と盧舎那仏(2/6)

2005年1月12日(水)〜3月6日(日)
東京国立博物館 平成館

いつも音声ガイドは聞かないのだけど、「ナレーション:寺尾聰」に後ろ髪を引かれて音声ガイドを初めて聞いてみました。音声ガイドを試してみて正解でした。「世界遺産」(※)の気分を味わえるし。解説時間は40分。展示の品数が少ないこともあってゆったり回ることが出来ました。
(※唐招提寺は東大寺や春日大社などと共に「古都奈良の文化財」として世界文化遺産に登録されていますが、ここでは勿論TBSの番組「世界遺産」のこと)

まず最初に金堂の再現空間。普通柵があって遠くから見ることしか出来ない本尊と四天王が横から前から斜め下から見放題です。本尊の台座は自分の身長より高くて、臨場感はあるのだけど、横から見られなかったのがちょっと残念。

そして金堂隅鬼。前に唐招提寺の校倉造の建物である経蔵が公開されて見に行った時に、金堂の修復が終るともとの場所に収まっちゃうから見る機会がなくなるよと言われていたのだけど、ここでもお目にかかれてうれしい。全身であの美しい屋根を支えてたかと思うといとおしい。

東山魁夷画伯の襖絵。襖だから表も絵、裏も絵なんですねえ。開山忌に参ったことがあるけれど、和上像を拝するために襖が開いていて見えなかったりする。でも今回は全ての絵が見れます。これは本当にまでないことだ。勿論配置を御影堂そのままというわけにはいかない(一枚襖を開くと表裏どちらかが犠牲になってしまったりするから)けれど、全部見ることができてよかったです。

一室はバーチャルチアリティの映像ルームになっていて、当然見たのだけど、始まってすぐこれやばいな、と思っていたら案の定酔いました。終ったあと船に乗ったあとのように世界がゆれてました…。乗り物酔いをする方は要注意です。

ナレーションでも展示の説明でも「これが最後」を強調していたけれど、本尊を唐招提寺の外で拝するのも、襖絵を全点見ることが出来るのも文字通り最後だと思います。唐招提寺に参拝しても金堂が拝観できない今、唐招提寺ファンは是非行くべきです! (逆に返せば唐招提寺と東山魁夷画伯の絵画に思い入れがない方にはかなり物足りなさを感じるかもしれません。)

□展示内容
1.金堂再現
2.金堂 ―平成の大修理―
3.御影堂再現

東京国立博物館 イベント
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=B01&processId=01&event_id=1024
唐招提寺2010プロジェクト
http://www.tbs.co.jp/p-guide/daiji/

2005/02/12

「ウエスト・サイド物語」吹替え一覧

□1979年TBS初放映
マリア:大竹しのぶ
トニー:国広富之
ベルナルド:沢田研二
アニタ:安奈淳
リフ:尾藤イサオ
エニバディス:木の葉のこ
アイス:富山敬

□1990年12月12日TBS初放映
(DVD「ウエスト・サイド物語 コレクターズ・エディション」収録)
マリア:堀江美都子
トニー:大塚芳忠
リフ:塩沢兼人
ベルナルド:山寺宏一
アニタ:佐々木優子

□1999年12月28日テレビ東京初放映
マリア:小島幸子
トニー:石川禅
ベルナルド:川崎麻世
アニタ:松本梨香
リフ:林延年
シュランク:坂口芳貞
ドック:山野史人
アイス:平田広明
アクション:落合弘治

日付は以下のページを参考にした
塩沢兼人さん出演作品リスト/作品名リスト/あ行
http://homepage3.nifty.com/dike/Lt-a.htm
1999年12月28日Tuesday ウエストサイド物語
http://d.hatena.ne.jp/hilo-com/19991228

2005/02/11

実写劇場版「鉄人28号」完成披露試写会

2月7日に「鉄人28号」完成披露試写会が行われたそうです。公開日は3月19日。レポートがWebにいろいろあがっています。公式サイトではブログに第一報があがっていて、後日正式に報告がアップされるようです。

完成披露試写会! 「鉄人28号」オフィシャルブログ/ウェブリブログ
http://tetsujin28.at.webry.info/200502/article_2.html
MSN-Mainichi INTERACTIVE 映画_竹橋シネコン:新宿に巨大ロボット出現 鉄人28号完成披露
http://www.mainichi-msn.co.jp/geinou/cinema/news/20050207org00m200104000c.html
[eg]傑作ロボットアニメが最新技術でスクリーンに復活! 映画『鉄人28号』完成披露試写会開催
http://eg.nttpub.co.jp/news/20050208_07.html
MovieWalker レポート:すべての少年、元少年に贈る実写版「鉄人28号」
(※ネタバレしまくり。要注意。)2月15日に動画UP予定だそうです。
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/report/report3321.html

おお、蒼井優さんと池松壮亮くんの背が並んでいる。1年半前は頭一つ小さかったのに。撮影後身長が10センチ伸び声変わりをしたそうで、確かに半ズボンは(本人にとって)辛いかも。蒼井優さんのベレー帽姿は可愛いですね。オープニングはいきなり六本木男声合唱団の生歌から始まったとかで聞たかったなー。舞台挨拶は金田正太郎役池松壮亮くん、立花真美役蒼井優さん、特撮監督:松本肇さん、冨樫森監督。

ちなみに1年半前、2003年の記事はこちら
現代にガオ〜!「鉄人28号」来年実写で映画化
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200308/gt2003081902.html

なお、池松壮亮くんは2月11日の東京、2月19日の大阪の試写会にも出席するようです。
ECCJ 省エネルギーセンター:「鉄人28号」ENEX2005特別試写会+トークショー
http://www.eccj.or.jp/enex2005/index.html

2005/02/10

「みんな昔は子供だった」 第5回

後半部分だけしか見れなかったけどみました。伊藤沙莉ちゃん演じる若槻モモちゃんがメインの回だったようです。相変わらずすごい。若槻モモと言う役を見事に演じていました。

そして征兄(瑛太)に向けた笑顔、可愛いい! 征兄と代わりたかったー。(でも征兄もいい男なので納得)。こう言ってはなんだけど、可愛いって言うのは顔の造作では決して無いのだということがしみじみ分かるいい笑顔でした。このまま“どこか人生に疲れた子ども”役で定着しちゃうのかなあと心配だったので、この表情に安心しました。でも本当はダンス専攻らしい。

伊藤沙莉ちゃんはオフィシャルサイトでは1996年生まれとなっていますが、エイベックス・アーティストアカデミーのページの1994年生まれが正しいのだと思います。現在10歳ですね。年齢詐称になってしまうのは可哀想…他にもミスっているし。名前は「いとう・さいり」と読むそうです。

伊藤沙莉 オフィシャルサイト
http://www.axev.co.jp/sairi.htm
avex artist academy ジュニアコース
http://aaa.avex.jp/course/junior/activity.html

それにしても公式サイトのあらすじ、詳しすぎですね。おかげで見れなかった前半に何があったのか分かってよかったけど。あらすじ読むと3話とか見たかったなあと思う。

みんな昔は子供だった
http://www.ktv.co.jp/minakodo/


2005/08/06追記。「日本タレント名鑑」では1994年生まれとなっています。
タレメ.net - 「日本タレント名鑑」公式サイト
http://www.taleme.net/

2005/02/09

3月上旬に横山光輝関連書籍が発売予定

3月上旬、辰巳出版から発売予定だそうです。

JBOOK 商品詳細:書籍:横山光輝ワールド 『鉄人28号』から『三国志』まで(仮)
http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=2563282

■ 内容紹介/横山光輝ワールド 『鉄人28号』から『三国志』まで(仮) ■


マンガ界の巨匠・横山光輝の世界を余すところなく紹介。さまざまなジャンルのマンガだけに限らず、未公開作品、無名時代の作品、アニメや実写ドラマ、映画、ビデオなど、作品のエピソードやあらすじなど、ありとあらゆる横山作品を解説する。

とっても楽しみです。この内容でこの値段ならお安いものかも。でも…

2005年春には実写版『鉄人28号』(松竹)が公開、同年夏にはTVアニメ版『鉄人28号』が再編集されて公開予定となっている。

本当に再編集版になっちゃうんでしょうか…ああ。

2005/02/08

「義経」 第5回 五条の大橋

池松壮亮くんの頼朝見ました。出番はほんの一瞬だったけど存在感十分というか、見ている上で全く違和感なし。頼朝あんた偉いよ! 欺かれる大人たちに笑ってしまった。賢い少年頼朝の後にくねくね青年頼朝(中井貴一)という対比も面白い。芯からくねくねだとは思えなくなるし。

五条大橋のシーンは義経も弁慶もよかったし、青みがかった月闇も桜の演出も散らせすぎではあったけどよかったのに、なぜか今ひとつのめり込めなかった。ベストは建春門院と後白河法皇のシーンかな。

2005/02/07

映画 「West Side Story」 (邦題:ウエスト・サイド物語)

ビデオの録画テープをチェックしていたら、「West Side Story」が入っていた。2003年のミラノ・スカラ座バージョンの来日公演にあわせてテレビ朝日で放送されたものだ。深夜放送のため仮眠をして寝過ごしてしまい、前半録画し損ねているから残しておく価値はないのだけど、ちょうど「クール」の場面で思わず見入ってしまった。普段映画を見ないけどこれだけは別格!

私が録画したのはテレビ朝日で2003年4月4日26:50〜29:05に放送された物だけど、マリア(小島幸子)、トニー(石川禅)、ベルナルド(川崎麻世)の吹替は1999年12月28日にテレビ東京20世紀名作シネマで放送された吹替陣と同じなので、おそらく同じ物だろう。

「コレクターズ・エディション」DVDに収録されている吹替はマリア(堀江美都子)、トニー(大塚芳忠)、ベルナルド(山寺宏一)。この日本語吹替はTBSテレビで1990年12月12日に放映されていたらしい。時期的に見て私がオンタイムで見た吹替はこれだったのだと思う。友達に歌部分だけテープに録音してもらった思い出がある。

ウエスト・サイド物語 コレクターズ・エディション
http://www.foxjapan.com/dvd-video/westsidestory/

この映画のリマスターバージョン(字幕)が2002年12月28日より公開されたのだが、現在も上映している館があるようだ。私は2003年1月頃ル・テアトル銀座に見に行ったのに劇場前にあったというチャキリス像を見逃していたり。残念。

Yahoo!ムービー - ウエスト・サイド物語
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=2331
The Official West Side Story Web Site
http://www.westsidestory.com/
West Side Story Doc's candystore in Japan(ファンサイト)
http://www.geocities.jp/docscandystore/

2005/02/06

「ワールド・レコーズ」の特番で2004年アニメ鉄人28号が!

「ワールド・レコーズ」の特番で2004年アニメ鉄人28号が映ってました!
嬉しくって思わず速報。夜の本放送には出ないかな。
よく見ればエントリ画像がそもそも2004年アニメ版だわ。

詳しくは↓
「ワールド・レコーズ」に“鉄人2号”登場らしい

プレミアムステージ「アルマゲドン」

日本テレビ金曜ロードショーの「マスク・オブ・ゾロ」(2/4)、フジテレビの「アルマゲドン」(2/5)と2日連続で石塚理恵さんが吹替えをしたヒロインの声を聞く。高見沢さん(2004年鉄人28号)と同一人物とは思えない(話し方のくせ?で同じ人だとわかりますが)しっとりとしてかつ芯の強そうな声でした。ヒロインの父親役の吹替えが村野武範だったんだけど、少し前に見た「ダイ・ハード」(3だったかも)の主役吹替えのときよりはマシかな…程度。

「Don't want to close my eyes」の歌詞が有る歌、よく流れていたのは聞いたけどアルマゲドンの音楽だったのか。タイトルは「I Don't Want to Miss a Thing」、歌手はAerosmith(エアロスミス)。

「アルマゲドン」のサウンドトラック
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/4174/lyrics/armageddon.htm
日本語吹替版 -hilo.com- - マスク・オブ・ゾロ
http://d.hatena.ne.jp/hilo-com/20050204
アルマゲドン
http://www.geocities.co.jp/Bookend/5560/movie-0002.html

2005/02/05

「ヤンエグ!」

伊藤吾郎40歳。かつては仕事に燃え、飛ぶ鳥を落とす勢いのヤングエグゼクティブであった。しかし、社内の派閥抗争に翻弄され、今は別名「収容所」と呼ばれる企画部企画課に追いやられていた。本社ビルの地下に位置するその部署には窓も無く、彼から光だけでなく生きる希望さえも奪っていったのだ。この物語は、生きる目的を見失った一人の男が自分の中に宿る魂に火をともし、再び燃え上がろうとする姿を描く壮絶な人間ドラマである。

ヤンエグ、終わっちゃいました。オープニングナレーションは中江真司さんだよね? 確認しようと最終話をビデオに撮ったのに、表示が無かった。

5夜連続放送で東幹久が主役の宣伝織り交ぜドラマ。主題歌は和田アキ子の「古い日記」(この歌好きだ)。1〜3話は舘ひろしの「冷たい太陽」が流れてて、今回は少林サッカーのBGMが…。伊藤吾郎は北斗真拳の使い手だったとは。

それにしてもヤンエグって造語かと思いきや本当にあった言葉なんだね。

ヤンエグ!
http://www.tv-asahi.co.jp/yan-egu/

池松壮亮くんが「義経」第5回に出演予定

実写版映画「鉄人28号」金田正太郎役の池松壮亮くんが大河ドラマ「義経」の第5回に出演するようです。第1回を見逃してしまった自分には朗報だ。あらすじをみても第5話のどこに出るか分からないけど、いよいよ弁慶登場だし見るにはちょうどよいかも。放送当日には滝沢秀明さんと松平健さんのインタビューが「義経」公式ページに載るそうです。
第5回「五条の大橋」は2月6日放送予定。

Blue Shuttle Official Site
http://www.himawari.net/blueshuttle/
http://www.himawari.net/blueshuttle/actor/ikematsu.html


2005年度 NHK:大河ドラマ「源義経」頼朝役で第1話・第5話に出演予定

大河ドラマ「義経」
http://www3.nhk.or.jp/taiga/

2005/02/04

鉄人28号メモ (2005/02/03現在)

□実写劇場版「鉄人28号」
2005年3月公開予定。公式サイトで予告が見られる。
前売り券発売中。鉄人28号かブラックオックスのストラップが貰える。
http://www.tetsujin28.jp/
2005年2月25日にメイキングDVD「MAKING of 鉄人28号」を発売予定
http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=2538485
2005年3月2日にサントラCD(音楽:千住明)発売予定
http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=2544181

□アニメ劇場版「鉄人28号」
2005年公開予定。2004年度TVアニメと同じスタッフによる劇場版で現在製作中。
「鉄人28号 公式ガイドブック」で断片的にだが製作進行中であることが窺い知れる。
正式発表待ち。

□実写劇場版「鉄人28号」のローソン限定DVD付チケット予約受付中
予約締め切りは2月27日。
http://www.at-lawson.com/AboutView.cfm?LayoutGroupID=7300#b06
ローソン限定のオリジナルDVD「鉄人28号完全ガイド」では、原作、モノクロアニメ、カラーアニメ、映画の“鉄人”が揃い踏みらしい。2004年アニメの鉄人もパッケージに登場。約18分(予定)。

□CSキッズステーションで2004年度TVアニメ「鉄人28号」放送中
2004年1月24日から毎週月曜〜金曜の22:00と25:00に放送中。2月12日からは土曜と日曜にも2話連続放送の予定。こちらはゴールデンタイム。
キッズステーション番組表
http://www.kids-station.com/info/list/tvmenu.html
http://www.kids-station.com/program?WORK_ID=PROGRAM_LIST&REQUEST_ID=SEARCH&KEY_WORD=4

□2004年度アニメ「鉄人28号」DVD(バラ)
現在8巻まで発売中、最終巻9巻は3月2日発売予定。

□2004年度アニメ「鉄人28号」DVD-BOX
2005年3月16日発売予定
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006M5YA8/
スターチャイルドのサイトでDVD-BOXのCMが見られる。右上の「TV SPOT」から
http://www.starchild.co.jp/

□「鉄人28号 公式ガイドブック」発売中
2004年12月発売。出版社:小学館。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31463683
2004年度アニメの公式ガイドブック

□タイムスリップグリコ「思い出のマガジン」のシークレットはカッパ・コミクス鉄人28号
光文社から出た横山光輝氏の単行本で、第10巻「人造人間の巻(上)」
関東地区でも発売中
http://www.ezaki-glico.net/chara/tsg_magazine/
http://www.ezaki-glico.com/release/20041201/

□鉄人28号の電子ライターで超合金魂のプレゼント企画
鉄人28号の電子ライターを買って応募すると抽選で超合金魂・鉄人28号が当たる
http://www.hirota-lighter.co.jp/tetsujin28/

□漫画 長谷川裕一 「鉄人28号 皇帝の紋章」
最終巻(第3巻)は2005年2月23日発売予定
http://shop.kodansha.jp/bc/comics/kc/boy_02.html#f

2005/02/03

「両さんと歩く下町」 秋本治著

副題:『こち亀』の扉絵で綴る東京情景
発売元:集英社(集英社新書)
出版年:2004年11月
価格:667円(本体価格)

『両さんと歩く下町』秋本治 立ち読み
http://www1.e-hon.ne.jp/content/photo_4087202658_01.html

□目次
はじめに
第一歩 亀有回想
第二歩 千住、浅草、行き帰り
第三歩 隅田川界隈
第四歩 上野七変化
第五歩 超神田寿司の神田へ
山田洋次×秋本治特別対談 葛飾に愛をこめて
あとがき
参考文献
下町地図

ああこういうのっていつか出ると思ってたよと思ったら漫画家本人が書いていた。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(こち亀)の作者が自ら体験した昭和30年代以降の下町について語った本。両さんを期待して読むと肩透かしで、副題のほうが内容を正しくあらわしている。文筆家でない分文章は平易だけど、こち亀という漫画を知らない人、時代や下町について筆者と共通基盤の無い人にはちょっと退屈かも。

私はこち亀100巻ぐらいまで読みました。本の中でもいくつかのこち亀の話について触れられてますけど、話タイトルだけだと分からなくても、結構覚えているものですね。昭和という時代も、古きよき下町ももはや体験することはできません。でも現在からそれらの情景を浮かび上がらせるとき、漫画というのはかなり強みの有る手段ではないかと思う。

山田洋次監督との対談は「男はつらいよ・寅次郎紅の花」に触れたところで胸にじんときてしまった。この映画はテレビ東京で放送した時に見ましたが、この対談を読む前に見ておいてよかったと思います。

2005/02/02

雑誌 「サスペリアミステリー」 2004年3月号別冊ふろく

なぜ鉄人28号?と思っていた。このころには未来の自分がアニメの鉄人28号に嵌るとは露知らず…アニメ化することも知らなかったし。この回はたしかに少年探偵しているけれど、ロビーよりはカニロボットかブラックマスクのほうが短編として完結しているし、初見でも分かりやすい。

解説にあるとおりもともとこの後にロビー編といえる長編が控えており、この回ではロビーの生死不明だったのだが、書き直されて建物の下敷きになったロビーがはっきり描かれている。1ページ増えた分冗長というかページを持て余してる感じがする。昔の漫画らしくきっちりコマ割りがされてるけど最後のコマだけそれを外していて、それゆえに印象に残るというものあるけど。

□目次
本格推理漫画傑作撰 少年名探偵
・少年名探偵の活躍(解説)
  二階堂黎人
・渋柿信介の事件簿
  渋柿とマックスの山
  原作:二階堂黎人 作画:河内実加
・金田正太郎の事件簿
  ロビーの巻
  横山光輝
  SUNDAY COMICS『鉄人28号』第5巻より
・狩野俊介の事件簿
  誰も気づかない誰も傷つかない
  原作:太田忠司 作画:大塚あきら
  サスペリアミステリー'02年11月号掲載

実写劇場版「鉄人28号」のローソン限定DVD付チケットが予約受付中

映画公式サイトからリンクされてました。
Loppi Goods れこちょい
http://www.at-lawson.com/AboutView.cfm?LayoutGroupID=7300#b06
ローソン - 店頭カタログ
http://www.lawson.co.jp/go_lawson/catalog.html
ローソンでオリジナルDVD「鉄人28号完全ガイド」付チケットを販売するようです。チケットは大人チケットと親子チケットと両方あります。

“■大塚署長の愛すべきキャラ。”という文字で購入決定! “モノクロ&カラーアニメ・映画の鉄人28号が一度に見られるのは、このDVDだけ!”となるとはますます買わないではおられない。このカラーアニメっていうのはもちろん2004年アニメのことですよね。パッケージの実写鉄人の後ろにちゃっかりアニメ鉄人が。ローソン(Loppi)って利用したことが無いんだけど、無事手に入るかなあ。

※各劇場により、上映期間が異なります。公式HP「www.tetsujin28.jp」などでご確認の上ご購入ください。

やっぱり劇場ごとに異なるのですね。一番最初に見られる劇場は新宿シネマミラノやアミューズCQNになるのでしょうか。

私的にはその上の「マツケン御開運写真付き切手」にも釘付け。

2005/02/01

「ワールド・レコーズ」に“鉄人2号”登場らしい

愛知工業大学 鉄人プロジェクト
http://aitech.ac.jp/~furuhasi/robo/

ワールドレコーズに鉄人2号が登場!
2月6日(日) トーナメント予告特番(関東地方のみ) 13:30-14:55
2月6日(日) トーナメント第1回戦 19:58-20:54
鉄人 VS ガンダム

日本テレビの番組「ワールド・レコーズ」に“鉄人”がでるらしいというのはブロク検索で知っていました。が、出場するのは愛知工業大学だったのですね。あいにく前回は見てませんでしたが、次回はぜひ見なければ。特別番組も。まずは「ワールド・レコーズ」のサイトで予告ムービー見ました。

ワールド☆レコーズ
http://www.ntv.co.jp/wrs/

鉄人28号は愛知工業大学のイメージキャラクターとなっています。だから「鉄人」の名称が使えるのです。コントローラーにもこだわりが見えますね。いずれは28号までカウントされるかな。

「鉄人28号」は、愛知工業大学のイメージキャラクターです。
http://aitech.ac.jp/what/tetsujin/


鉄人プロジェクトのページでデモの記録を見ていたらこんな記述が…


横には身長1メートル80センチの鉄人28号(動かない)も置いてあったんですが、こっちは動かないのか?という質問も。んー、3億円ほどいただけば考えます。1メートル80センチの鉄人28号が会場内を2足歩行で歩いていたら、結構すごいかも。今後はもっとアピール度を高めるために、大型化が必要か....。予算が!

うーむ…どなたか予算を!

「タイムスリップグリコ・思い出のマガジン」購入 2:花とゆめ

沢山ある中から選んで買いたいのに、置いているコンビニがあまりなくて困っていたら書店にあったので購入。書店で売っているとは盲点だった。ともあれ念願の「花とゆめ」ゲット。

これも自分にはなつかしのものではないのだけど、載っているのは読んだことはなくとも知ってる人ばかり。とくに岩崎陽子さんは現在秋田書店の「プリンセスGOLD」などで活躍してますが、「花とゆめ」時代の作品が読めるとは思わなかったので、ラッキーでした。

本来は紙に色がついているので横から見るとカラフルになるはずですが、ページの周りに余白を設けているため一回り大きなサイズとなっています。単行本で端っこのセリフや絵の一部が切られているのを経験したことがある者にとっては嬉しい配慮です。

□「花とゆめ」1985年9月5日号(第18号) 掲載作品一覧
Intolerance…あるいは暮林助教授の逆説<前編> 川原泉
招き猫シティウォーズ<後編> 野間美由紀
夢の中に君がいた 本橋馨子
プリンセス症候群 山口美由紀
ハイスクール=ノイローゼ 岩崎陽子
ピグマリオ 和田慎二
アクマくん 魔法・BITTER 日渡早紀
ガラスの仮面 美内すずえ
パタリロ! 魔夜峰央
ブルー・ソネット 柴田昌弘
小さなお茶会 猫十字社
ペギ丸ちゃん 更紗糖
シュガーベビー 高野まさこ

池田乾 「戦う!セバスチャン」 ドラマCD発売予定

「Wings」3月号買いました。裏表紙と中のニュースで「戦う!セバスチャン」ドラマCDのキャストが発表されてました。新書館から3月25日発売予定です。

新書館: 「戦う!セバスチャン」ドラマCD製作中!!(1/17最新情報)
http://www.shinshokan.co.jp/comic/topics/topics_cebastiencd.html
□キャスト
セバスチャン:大川透
デーデマン:竹内順子
ユーゼフ:森川智之
デイビッド:小西克幸
Aくん:谷山紀章
Bくん:鳥海浩輔
ツネッテ:山本麻里安
ヘイヂ:吉田小南美
デーデマン父:藤原啓治

き、聞きたーい。大川さんの声でムチを片手に「さあ、お仕置きの時間だ」とかやってくれるのかと思うと胸がときめく(って私にそんな趣味はナイ!…と思いたい)。デーデマンは竹内順子さんってことは完璧少年扱いですねえ、25歳なのに。私が好きなBくんは鳥海浩輔さん。楽しみです。

新書館のドラマCDは何気にいい声優で攻めてくるなあ。キャストに関して漫画家の希望が反映されることもあるようですが、今回は某アニメの大佐ファンを狙ってる?と言わずにはいられない。

「戦う!セバスチャン」は雑誌「ディアプラス」に連載している池田乾さんの漫画で現在4巻まで出ています。掲載誌はボーイズラブの雑誌ですが、ドタバタ劇なのでそういうのが苦手な方でも楽しめるかも。私は別な意味で生理的に嫌なネタもあるけど、ついつい読んでしまいます。

同じくニュースに影木栄貴さんが「トリビアの泉」に出た件について。影木さんの後ろにかつて小渕元首相が掲げてた「平成」の額があったらしい。私は当日見てなかったけど、そっちのほうがよっぽどトリビアだ!
http://www.shinshokan.co.jp/comic/topics/topics_trivia.html

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ