« 「『少年』傑作集」 | トップページ | 雑誌 「まるごと一冊スタチャ・BOOK」 »

2005/01/26

「タイムスリップグリコ・思い出のマガジン」購入

1個買ってみたらPOPEYE創刊号だった。「カリフォルニア特集」と銘打っている。自分には懐かしいという気持ちはない。もともと思い出のマガジンの対象年齢外だし、私がPOPEYEという雑誌を手に取ったのは「奇面組」の復活漫画が載った号のみ。

ルーペがないと記事を読むのは無理だけど、見出しなどがちゃんと見えるのでそれなりに楽しむことはできる。広告箇所の差替えに歴代のグリコマーク(両手バンザイ片足上げポーズ)が使われていて変遷が分かるのが面白い。全部差替えになっているわけではなくナショナルやクラリーノ(鞄)の広告はそのままだ。

何気に「思い出のマガジン」の広告が混じっているし、芸が細かい。「平凡」ビバビバ!ニューヒット!とか(どちらの単語も今では脱力物ですね…)、「花とゆめ」ロマンティストの特大号とかいう文句が「今週の中吊り大賞」に出るような感じに並んだページがある。

ZAKZAKの記事を見ても分かるように、すごい手間の掛かりようだ。自社が著作権を持つ記事のみならず、広告の許諾や著作権、肖像権などいろいろ問題はあったのだろうな。ポパイ(アニメキャラクターの方)って著作権切れていたっけ? それと原版を解体するわけにはいかないため、当時の雑誌を古書でしかも状態の良いものを探さなくてはいけなかったのだろうとおもう。

ZAKZAK:シークレットは文化財級!タイムスリップグリコ
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_01/t2005010805.html

ちなみにシークレットは“鉄人28号メモ (2005/01/20現在)”のところでも書いたけれど、光文社カッパ・コミクスの「鉄人28号」のうち第10巻「人造人間の巻(上)」。これは昭和40年(1965年)4月に出版されたので、今回の「思い出のマガジン」のラインナップでは2番目に古いということになる。おまけについている解説書の協力欄には「光文社」の名前がしっかりあります(ノーマルのラインナップの出版社ではない)。原版すらなかった状態から復活させたというシークレット、ぜひ欲しいです。

それとシークレットを除く9冊が収まる「思い出の本立て」なんてのも作られているらしい。欲しいぞ。なんだか自分でも作れそうなまさに“技術家庭で作ったなつかしタイプ”ってところがいいなあ。

タイムスリップグリコ「思い出の本立て」
http://www.time-slip.jp/
思い出のマガジン タイムスリップグリコ
http://www.ezaki-glico.net/chara/tsg_magazine/

« 「『少年』傑作集」 | トップページ | 雑誌 「まるごと一冊スタチャ・BOOK」 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/2696827

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイムスリップグリコ・思い出のマガジン」購入:

« 「『少年』傑作集」 | トップページ | 雑誌 「まるごと一冊スタチャ・BOOK」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ