« 鉄人28号 #20 「まだら岩の怪人」 感想 | トップページ | 鉄人28号 #21 「PX団の陰謀」 感想 »

2004/11/11

「スーパーロボット大鑑 Ver.2004」

http://shop.mediaworks.co.jp/ds_item.php?cd=A0416480
発売元:メディアワークス
出版年:2004年10月
価格:2415円(税込価格)

ロボットアニメやロボット特撮の洗礼を受けてない自分にとってはかなり敷居が高い。しばらく購入しそうにないけど、中身を見ることができた。見たことがあるアニメはいくつもあるのに、人間のキャラクターは覚えているけどロボとなると色とか形とかさっぱり覚えていない…。でもすごくマイナーなのも載っててすごいかも。ミンキーモモにもロボが出てたのか。

鉄人28号に関して割かれているページ数は以下の通り。
・モノクロ(1963年)…2P
・太陽の使者(1980年)…1/2P+1/2P
・FX(1992年)…1/2P+1/2P
・2004年度版…1P+1P
PART1「黎明」扉絵の鉄人イラストは今川泰宏氏。(これは1997年に出た大鑑から変わっていない)
太陽の使者では敷島博士と大塚署長が、FXでは旧型鉄人28号と大人の金田正太郎が見られる。

2004年度版についてのカラーページは、石川晋吾氏による、たぶん描き下ろしのイラスト。新規イラストはなかなかお目にかかれないのでうれしい。隣のモノクロページの黒インクが色移りしてるのが悲しいけど。モノクロページは設定資料。「アニメージュ」2004年9月号の設定資料FILEと「ホビージャパン」2004年6月号の『鉄人28号』設定資料集を持っているから特筆すべきものはない。村雨の名前が村雨ケンジになってるのは健次(鉄人28号)と健二(ジャイアントロボ)かいるからか? 2005年春公開の実写では研二ですが、アニメ雑誌のバックナンバーを漁っているときに実写版のコンテを見た(特撮ニュータイプ2004年3月号)のだけど、村雨の前髪がもこもこしてて笑ってしまった。実際の髪型(俳優は高岡蒼佑氏)はふつうなのかな。

« 鉄人28号 #20 「まだら岩の怪人」 感想 | トップページ | 鉄人28号 #21 「PX団の陰謀」 感想 »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/1926603

この記事へのトラックバック一覧です: 「スーパーロボット大鑑 Ver.2004」:

« 鉄人28号 #20 「まだら岩の怪人」 感想 | トップページ | 鉄人28号 #21 「PX団の陰謀」 感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ