« いっこく堂「ボイス・イリュージョンツアー2004 世界を我が手に?」 | トップページ | 「スーパーロボット大鑑 Ver.2004」 »

2004/11/10

鉄人28号 #20 「まだら岩の怪人」 感想

この時点ではどれが誰で誰が味方か敵かもさっぱり。大塚署長と高見沢さんが予てからの味方であることも知らず、ファイア博士が対立側なのも知らず、そういう状態で見たので、混乱さ具合が増して妙に面白かった。人物入り乱れ、畳み掛けるように話が進んでいくし。こうなったらやぶれかぶれよってやぶれかぶれなんて言葉聞いたのいつ振りだろう。

ラストの太陽爆弾の爆発。正太郎君と同様に呆然としてしまった。なんかすごいかもと思って過去回を見たくなった。そんな中波止場のマドロスみたいに余裕かまして何事かつぶやいてるクロロホルムって…。

« いっこく堂「ボイス・イリュージョンツアー2004 世界を我が手に?」 | トップページ | 「スーパーロボット大鑑 Ver.2004」 »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/1919538

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄人28号 #20 「まだら岩の怪人」 感想:

« いっこく堂「ボイス・イリュージョンツアー2004 世界を我が手に?」 | トップページ | 「スーパーロボット大鑑 Ver.2004」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ