« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/31

金刀比羅宮のすべて (9/24)

金刀比羅宮のすべて
2004年9月17日〜12月12日 金刀比羅宮

香川県琴平町にある「こんぴらさん」で開催されている。共通券を買うと2000円で6会場全て回ることができる。33年ぶりに遷座祭が行われたばかりで訪れるなら本殿に参拝するべきなのだろうが、2時間ぐらいしか時間が無かったので展示会場のみ回った。参道を石段で登っていくと途中に大門とその前に鼓楼があるのだが、その大門をくぐると金刀比羅宮の境内。殆どの会場はこの境内内に有る。

■宝物館
壁に「三十六歌仙額」がかかっていて、下に冷泉為恭の模写した巻物「三十六歌仙模本」があった。「模本」の原本は、「額」とは違うけれど、なかなか面白かった。「模本」の在原業平は美形だったけど、「額」の業平はひげ面だし。「模本」の小野小町はいまいちで伊勢のほうが美人に見えた。「額」の猿丸は烏帽子が脱げそうだった。
(メモしてないけれど「三十六歌仙額」は探幽尚信安信画とあって、「三十六歌仙模本」右京権大夫のだれかあるいは土佐光信の本の模写とあったと思う。)

■金毘羅庶民信仰資料収蔵庫
冷泉為恭という人の作品を中心に展示。幕末の人で冷泉と名乗ってるけど貴族じゃないらしい。金刀比羅宮の全景が描かれている絵が何点かあったので、本殿を参拝してから訪れた方がよいと思う。

■高橋由一館
9/17〜10/30までは「鮭」が、11/1〜12/12は「花魁」が展示されている。
「中州月夜の図」という作品がよかった。

高橋由一の「鮭」といえば美術の教科書にも載っているし有名だろう。頭を上にして鮭が描かれていて、体の上半分が切り取られて赤みが見える図。鮭ともう1作品だけケースに入っていたのだが、説明プレートの文字が小さくてが見えなかった。オペラグラスを買うべきか…。

金刀比羅宮が高橋由一に資金援助をしたこともあるらしく、1880年から翌年にかけてこの地に滞在したらしい。「琴平山遠望」など金刀比羅宮の風景画2点が展示されていた。

「司馬江漢像」も展示されていた。最初は別な男性を描いていて、頭巾は後から書き足されたもの。どこかでその記述を見たことがあるけれど赤外線などの調査によって判明したらしい。科学の進歩ってすごいな。

■表書院
表書院・奥書院ともに係りの人がいろいろ説明してくれる。蹴鞠が行われる庭があったり。円山応挙が描いてた襖がいくつもある。虎の絵(八方睨みの虎)はどこから見ても正面から見えるそうだけれど正面に見えるかどうかはよくわからない…。

■奥書院
125年ぶりの一般公開だそうだ。
応挙の手による宥存尊師(金刀比羅宮の別当職)という人物の人物像があった。また、中の一つに巻狩の襖絵があって、単に狩をしている風景なのだけど、一方の襖を開けると(実際は開けて展示をしている)隣の部屋に大きく富士山が描かれていて源頼朝の富士の巻狩であることが分かる。こういう仕掛けは大好き。頼朝の富士の巻狩と言えば曽我兄弟の仇討ちだけど、この絵には関係ないのかな。

■学芸参考館
15分くらい山道を下ったところで右に入る道の角にある看板にあった「人魚のミイラと忠犬ハチ公の写真」という副題を見て一瞬落胆しかけた。けど、そのまま行ってみる。
時間が無かったのでざっと見ることしか出来なかったけど、民具や掛け軸や絵馬や剥製やいろいろなものが展示されていた。ハチ公の写真は金刀比羅宮の関係者が撮影したものらしい。人魚のミイラは50センチくらい。

□おわりに
展示物のなかには円山応挙、狩野探幽、伊藤若冲、若山牧水、岸岱など、あまり詳しくない私でも聞いたことのある名前がちらほらあって、やじさんきたさんもやってきたこんぴらさんの文化人たちへの浸透ぶりがうかがえる。ところで曲亭馬琴は「金毘羅船利生纜」を書いているらしい。ちょっと興味あるけど題名忘れそうなのでメモ。

高橋明「傀儡」原画展と「鉄人28号 DE LUXE」に遭遇

高橋明「傀儡」原画展のために、まんがの森高田馬場店に初めて行った。傀儡戯等の表紙はちょっと怖かった(肌の色が苦手)のだけど、新書館版のカラーは明るめでよいな。

ついでに店内を見て回る。「ロボットマンガは実現するか」という本を見つけた。いくつかのロボット漫画と共に鉄人28号の漫画が再録されていて(何ページかチェックするのを忘れた)、それを読んだロボット研究者のインタビューが載っている。もともとロボット自体に全く興味を持ってなかったので、買うのは見合わせ。前日「ワールドレコーズ」というテレビ番組でロボット対決があって、よく分からないながらちょっと燃えたけど。

横山光輝の棚のあたりで「音無しの剣」などの時代劇作品3つのでっかいやつがあって、さすがまんがの森だなあと見てて思った。そしてさらに見て回ると「鉄人28号 DE LUXE」(光文社)を発見。ビックリした。もう新品では手に入らないと思っていたので。ええ買いましたとも。

「傀儡」はサイン本あり全部持っているし、「傀儡」のペーパーはまんがの森の支店で「ハックルベリー」を買って入手済だったので買わないでもいいかなと思っていたけど、まんがの森が出している小冊子で高橋明インタビューが載っている号がもらえるとのことで購入。

2004/10/28

2004年度アニメ版「鉄人28号」登場人物の原作との比較

ここで言う原作は秋田書店サンデーコミックス版を指し、サンデーコミックス版で未登場もしくは未活躍のキャラクターについては「『鉄人28号』大研究 操縦器の夢」(講談社)を参考に記述してます。
こうしてみると原作で絡むロボットと登場人物を踏まえてる感じ。バッカスは生みの親は違えど一応スリルサスペンスが絡んでるし。ロビーとVL2号は全く違うけど、有本博士を牧村博士の容姿にしたのは次にロビーが出てくるからかな。

アニメ初登場回キャラクターキャスト原作での登場(名前)原作での登場(外見)
レギュラー金田正太郎くまいもとこ同じ同じ
敷島博士牛山茂同じ同じ
大塚署長稲葉実同じ同じ
村雨健次幹本雄之同じ同じ
〃(3)高見沢秘書石塚理恵オリジナル大塚署長夫人(加代子)<ギャロンの巻>
ナレーション鈴木弘子--
鉄人28号-同じ同じ
1金田博士飯塚昭三同じ<にせもの事件の巻>…「少年」掲載版では出てこない同じ(同左)
村雨竜作若本規夫同じ…サンデーコミックス版では未登場同じ(同左)
関智一同じ…サンデーコミックス版では未登場オリジナル
官房長官石森達幸オリジナルオリジナル
十字結社宇垣秀成、花輪英司、清水敏孝同じ<十字結社の巻>同じ(同左)
鉄人27号-同じ…サンデーコミックス版では未登場同じ(同左)
MONSTER-同じ<十字結社の巻>同じ(同左)
2鉄人26号-同じ…サンデーコミックス版では未登場同じ(同左)+頭部はロビーのロボット?…サンデーコミックス版では未登場
3不乱拳博士鈴木泰明同じ<人造人間の巻><ブラックオックスの巻>同じ(同左)
黒服の男関智一オリジナル黒めがねの男<ファイア三世の巻>…めがね姿のみ
ブラックオックス-同じ<ブラックオックスの巻>同じ(同左)
4モンスター鈴木琢磨同じ<人造人間の巻>同じ(同左)
6スリルサスペンス秋元羊介同じ<人造人間の巻>同じ(同左)
ロックンロール津久井教生同じ<人造人間の巻>同じ(同左)
ロングラン室園丈裕
ジルバ宮下タケル同じ<人造人間の巻>同じ(同左)
関刑事関智一オリジナルオリジナル
7スペンサー大佐福田信昭オリジナルオリジナル
バッカス-同じ<人造人間の巻>同じ(同左)
9ドラグネット博士有本欽隆同じ<宇宙人間ケリーの巻>同じ(同左)
ジョンソン原康義同じ<宇宙人間ケリーの巻>同じ(同左)
牧村博士中田和宏同じ<宇宙人間ケリーの巻><ロビーの巻>スモッグの出品者<ファイア二世の巻>
ギルバート-同じ<宇宙人間ケリーの巻>同じ(同左)
10ケリー原康義同じ<宇宙人間ケリーの巻>同じ(同左)
12ブラック博士家弓家正同じ<ブラック博士の巻>同じ(同左)
佐良関智一同じ<ブラック博士の巻>同じ(同左)
13八木勝裕矢島正明オリジナルオリジナル
園長石森達幸オリジナルオリジナル
山岸博士麦人同じ<光る物体の巻>同じ(同左)
光る物体-同じ<光る物体の巻>同じ(同左)
14ブラックマスク平田広明同じ<ブラックマスクの巻>同じ(同左)
有本博士滝口順平オリジナル牧村博士<宇宙人間ケリーの巻><ロビーの巻>
15梅小路綾子一城みゆ希オリジナルオリジナル
女将鈴木弘子オリジナルオリジナル
助川高木渉同じ<ロビーの巻>同じ(同左)
寺町刑事仲木隆司オリジナル刑事<VL2号の巻>
ロビー-同じ<ロビーの巻>同じ(同左)
16VL2号-同じ<VL2号の巻>同じ(同左)
17ビッグファイア中村正同じ<ファイア二世の巻>同じ(同左)
ベラネード内海賢二ベラネード<ファイア二世の巻>ゴムラス<砂漠の怪ロボットの巻>
クロロホルム西村知道同じ…サンデーコミックス版では未登場同じ(同左)
サターン-同じ<砂漠の怪ロボットの巻>同じ(同左)
ギャロン-同じ<ギャロンの巻>同じ(同左)
カニロボット-同じ<カニロボットの巻>同じ(同左)
18ニコポンスキー???ニコポンスキー…サンデーコミックス版では未登場まだら岩の怪人のボス<ブラックオックスの巻>
敷島夫人島本須美同じ<人造人間の巻>同じ(同左)
敷島鉄雄根谷美智子同じ<人造人間の巻>同じ(同左)…原作では正太郎と同年齢くらい
〇八一五-同じ…サンデーコミックス版では未登場同じ(同左)
20PX団ボス内海賢二PX団…サンデーコミックス版では未登場ブラック団のボス<ギャロンの巻>
PX団うすいたかやす、望月健一、西嶋陽一、大畑伸太郎PX団…サンデーコミックス版では未登場ブラック団<ギャロンの巻>
21怪ロボット--ファイア?V世の外装未装備の姿<ファイア三世の巻>
22スモッグの出品者(スモッグの出品者)<ファイア二世の巻>板井医師<宇宙人間ケリーの巻>
スモッグ同じ<ファイア二世の巻>同じ(同左)
ファイア2世-同じ<ファイア二世の巻>同じ(同左)
ファイア3世-同じ<ファイア三世の巻>同じ(同左)
23南方の老人藤本譲オリジナルオリジナル
24鉄人3号-オリジナルスカイ・レッド工場の監視ロボット<ファイア三世の巻>
鉄人6号-オリジナルロボット博覧会の出品ロボット<ファイア二世の巻>
鉄人12号-オリジナルロボット博覧会の出品ロボット<ファイア二世の巻>

□その他
敷島重工の技術スタッフの服装(帽子につなぎ姿)←まだら岩の怪人のロボット工員<ブラックオックスの巻>、ビッグ・ファイア工場の工員<ファイア三世の巻>
敷島重工の研究スタッフの服装(バイザーに白衣姿)←山田野ロボット工場の技師<光る物体の巻>

2004/10/26

CD 「鉄人28号 音楽集 弐」

  1. 鉄人28号 (TV OA+SE)
  2. ブラックオックス
  3. 増殖する危機
  4. 事件記者、村雨
  5. 鉄の兵器
  6. 新元素バギューム
  7. 父の遺言
  8. 京都の恋
  9. あなたと踊れたら
  10. 今はねむりましょう
  11. 鉄人の正体
  12. 朝は再び
  13. 正太郎、一人…
  14. ブラックオックス (Tempo Up version)
  15. 正太郎の決断
  16. 正太郎と鉄人

□初回限定
スリーブケース仕様

2004年度版アニメのサントラ第2弾

CD 「鉄人28号 音楽集」

  1. それ行け鉄人
  2. 葬りさるもの
  3. 悲しい終着点
  4. 復興と進化
  5. あなたに微笑みを
  6. ひなたぼっこ
  7. 鉄人28号(夕焼け・ヴァージョン)
  8. シンフォニエッタ28番
  9. 進め正太郎(サイクリング・ヴァージョン)
  10. あなたとミルクコーヒー
  11. Iron Blues
  12. 28th Street
  13. 悲劇の行進
  14. 回想の絆
  15. 闇にうごめくもの
  16. 慟哭と悲哀
  17. 希望の光明
  18. 蘇る無敵の兵士
  19. 鉄人28号(TV size)
  20. 進め正太郎(TV size)

□初回限定
スリーブケース仕様

2004年度版アニメのサントラ

CD 「鉄人28号 ソング・コレクション」

Noタイトル作詞
作曲
備考
1鉄人28号の歌鈴木厚
渡辺岳夫
上高田少年合唱団ラジオドラマ 鉄人28号
2鉄人28号の歌青木義久
宇野誠一郎
ビクター児童合唱団TV実写 鉄人28号
3鉄人28号の歌青木義久
宇野誠一郎
高毛誠
4ぼくらの英雄青木義久
中林淳真
ビクター児童合唱団
5鉄人28号三木鶏郎
三木鶏郎
デューク・エイセスTVアニメ 鉄人28号
6鉄人28号(曲)三木鶏郎(インスト)サウンドトラック
7正太郎マーチ(曲)越部信義(インスト)サウンドトラック
8鉄人28号三木鶏郎
三木鶏郎
デューク・エイセス
9進め正太郎伊藤アキラ
越部信義
西六郷少年合唱団
10鉄人28号三木鶏郎
三木鶏郎
西六郷少年合唱団
11ギャング団の歌伊藤アキラ
越部信義
ヴォーカル・ショップ
12太陽の使者 鉄人28号藤川桂介
清水靖晃
ギミックTVアニメ 鉄人28号(新)
13希望に向かって <正太郎のテーマ>藤川桂介
清水靖晃
ギミック
14無敵の鉄人28号の歌 <鉄人28号応援歌>亜蘭知子
河内淳一
ギミック
15誰かが僕らを呼んでいる亜蘭知子
中島正雄
ギミック
16フューチャー・ヒーロー園田英樹
長沢ヒロ
長沢ヒロTVアニメ 超電動ロボ 鉄人28号FX
17僕らは冒険者工藤哲雄
長沢ヒロ
金田探偵事務所
18フューチャー・ヒーロー園田英樹
長沢ヒロ
清水咲斗子
19Get Your Dream松葉美保
工藤崇
清水咲斗子

ラジオドラマから鉄人28号FXまでの鉄人28号の主題歌を網羅したもの。2004年度アニメの元になったのは「TVアニメ 鉄人28号」(白黒アニメ)の主題歌。OPは5、6、8、10の曲を、EDは7、9を編曲して作られている。

ジャイアントロボ4巻5巻観賞

□4巻:
アルベルトの顔がポンっと出てきたのが面白かった。いい動きをする。
亭主?!には本当にびっくりした。その前にいい雰囲気のシーンがあったのにね。姐さんはいい女だなあ。
鉄牛のセリフには泣けました。戴宗の兄貴についてはもう何も言えません…。

□5巻
ああ、草間博士の声で語られると語ること全て普遍的な真実であるかのように聞こえてしまう。そして大作に渡した腕時計型の音声入力機器が偉大なる歴史の遺物かのように…反則だ。このシーン大作の声がむっちゃショタ声なんですが、どっから出してるんだ。
ギャロンもジャイアントロボに出張してたのか。あと一清道人の炎が一清の顔になってるのが面白かった。

2004/10/25

サンデーコミックス「鉄人28号」収録エピソード

巻数タイトル初出年度
1人造人間の巻昭和34年度作品
ブラックオックスの巻 ※昭和35年度作品
2ブラックオックスの巻 ※昭和35年度作品
ブラックマスクの巻昭和35年度作品
3宇宙人間ケリーの巻昭和36年度作品
アリ事件の巻 ※昭和37年度作品
4アリ事件の巻 ※昭和37年度作品
砂漠の怪ロボットの巻昭和39年度作品
5にせもの事件の巻昭和39年度作品
カニロボットの巻昭和39年度作品
ロビーの巻昭和37年度作品
6十字結社の巻昭和37年度作品
ブラック博士の巻 ※昭和38年度作品
7ブラック博士の巻 ※昭和38年度作品
光る物体の巻昭和40年度作品
ファイア二世の巻昭和38年度作品
8VL2号の巻昭和39年度作品
9ギャロンの巻昭和40年度作品
10ファイア三世の巻昭和39年度作品(一部修正)

タイトルの横に「※」が付いている物は複数巻に分かれて収録されている。
鉄人28号は光文社の雑誌「少年」に連載されたものだが、表紙の見返しに書いてあるようにかなり修正がはいっている。最初は気づかなかったけど、読み返してみると書き直された箇所が結構分かる。とくにファイア三世の巻のビッグファイア博士はいかにも横山絵になってたり。

秋田書店サンデーコミックス「鉄人28号」読了

原作読了。ちびちび読んでいたけど、我慢し切れなくて一気に読んでしまった。2004年度アニメは原作のエピソードを結構丸ごと取ってきているんですね。勿論そのままじゃなくアレンジが加わっていますが。サンデーコミックスに収録されているものは原作の一部でしかないけれど、アニメに登場する原作典拠のエピソードの殆どを拾うことが出来るんじゃないかと思う。

それにしてもビッグファイア博士がアニメとおんなじようにあひゃひゃと笑っているのに笑ってしまった。アニメのこういう漫画的な表現がツボにきちゃった面もあるので。ていうかファイア二世の巻の博士笑いすぎー。それと正太郎君に操縦指導する敷島博士はとーっても楽しそうだった。アニメでやったらMADさ倍増だったろうなあ。

2004/10/21

「中国近世小説への招待 才子と佳人と豪傑と」 大木康著

出版社:日本放送出版協会
発行年:2001年3月
ISBN:4-14-084134-6

「三国志演義」「西遊記」「水滸伝」「金瓶梅」の四大奇書や「紅楼夢」を中心に紹介した本です。巻末に本の一覧が着いているし、何らかのメディアで水滸伝や封神演義に触れてその元になった本や中国の文学に興味を持った人にとっての入門書にはちょうどよいと思います。文章が読みやすくてすらすら読めてしまいます。
以下、読みながら思ったことなどを。

□水滸伝について
黒旋風李逵(りき)。水滸伝のなかでもっとも活躍する人物の一人だそうだ。エピソードが紹介されていて、戴宗を兄貴と呼ぶのは鉄牛じゃなきゃ(←アニメ・ジャイアントロボを鑑賞中なのでつい)と思ってたら李逵=鉄牛だったのか。俄かに水滸伝を読みたくなってきた。そうそう以前駒田信二版を読みたいと思っていたのだった。でも入手し辛そうだ。

□封神演義について
私が読んだ「封神演義」は光栄から出版された物だったと思う。また読みたくなったけど、光栄から文庫サイズで出ていたものは表紙が表紙だけに躊躇ってしまって入手しそびれている。自分で持っているのは嘉藤徹「小説 封神演義」だけ。これに確か三星堆遺跡の仮面が絡んでいたような…ということでオリジナル要素強いけれど。

封神演義といえばナタ、ナタの物語といえば絵本の「ナージャとりゅうおう」。ふと検索してみたら今年9月に富山県で「ナージャとりゅうおう」の原画展をやっていたらしい!もうちょっと早くに知っていれば…ああ。

□金瓶梅について
竹崎真実さんの漫画「金瓶梅」(2004年11月にぶんか社から文庫が出版されるそうだ)を読んでいるので、その漫画で出たエピソードの元になったエピソードが紹介されていて、ああこれをアレンジしたのかとうれしく思ってしまった。武松がもともと水滸伝の登場人物というのは知っていたが、西門慶と藩金蓮もそうだったというのは知らなかった。水滸伝に出てくる西門慶と藩金蓮エピソードを元に話を膨らませたのがこの本らしい。

2004/10/20

ジャイアントロボ3巻を視聴

こ、このピンクは?!しかもケリー状態(1話鉄人状態)になってますね。でも村雨という名前まだ出てきてないよね。ENDクレジットの幹本さんもナレーションだけだし。それとも出てきていたのかな。
ウラエヌスかわいい。ロボの登場シーンはなんか白黒鉄人のOPぽかったというより悪役ロボットみたいだった。ロボの涙には驚きました。何の水だろう?

このページ、IEで見たらレイアウトが崩れている!いまだにIE5.Xを使っているので仕方がないか…ココログは推奨環境がIE6以上、NetScape7.1以上だそうで、これ以外で見るとレイアウトが崩れているかも。NetScape7.1で見てもフォントがあまりきれいじゃないし、URLの付け方にも不満があるけど、サイトを構築する余裕がないのよ。

「アニメージュ」 2004年11月号

発売元:徳間書店
出版年:2004年10月
P72〜P73(カラー2P)
・【鉄人28号】鉄人の罪。その色は赤く黒い

ページめくっても目次見ても見つからないので諦めていたらちゃんと目次に載っていた。載っているかなと思いながら探すのと載っていると分かっていて探すのはずいぶん違う。内容は後半各回のあらすじと総括。部分部分間違いはあれど速報としてGood Job!でした。
(チェックをした限り他の月刊アニメ誌には載っていなかったので)

2004/10/18

「Anime Studio」(アニメスタジオ) Vol.1

宙(おおぞら)出版|Anime Studio
http://www.ohzora.co.jp/release/detail/?isbn=4-7767-9049-1
発売元:宙出版
出版年:2004年10月
価格:900円(本体価格)

P4〜P34(カラー31P)
・特集『鉄人28号』 追悼横山光輝
□目次


  • 鉄人28号が僕等にくれたもの
  • 新作『鉄人28号』関連アイテムも続々登場!!
  • 『鉄人28号』美術スタッフが描く、昭和とレトロフューチャーの世界(松本浩樹インタビュー)
  • 新作『鉄人28号』のキャラクターたち
  • 『鉄人28号』全話エピソードチェック
  • インタビュー:大月俊倫プロデューサー
  • 現実のロボットASIMOは『鉄人』といえるか?
  • さようなら漫画界の巨星、横山光輝先生
  • 鉄人28号グラフィティ
  • アニメ化された横山作品たち
  • 絶対に読んでほしい横山光輝作品ベストセレクション10
  • 巨星横山光輝を偲んで 岸本修/櫻井邦彦/麻宮騎亜

前半が2004年度版アニメの特集となっている。エピソードチェックもあらすじに加えて登場人物やロボット名が添えられているのでアニメの視聴ガイドにはちょうどよいと思う。解説もアニメをよく見ていてそのうえで考察しているように感じられて好感がもてる。

美術スタッフへのインタビューはうれしい。町並みの描写特に京都編は建物が緻密ですばらしいので。美術スタッフの写真に写っているタブレットパットというのかな、タブレットを使う台だとおもうのだけど、それに鉄人28号のイラストが使われている。いいなあ欲しい…

キャラクター紹介のページは見開きなんだけど、右に人物、左にロボットや「鉄人」が配置されているかと思いきや左ページにニコポンスキーが配置されているのが妙におかしい。きっと覆面の中の人も満足だろう。いやふつーに正太郎君が物語上で会うものたちを配置しただけなんだろうけども。

□2007/03/18URL修正

あとり硅子原画展(10/10、10/14)

2004年10月9日(土)〜10月15日(金)
アニメイト池袋本店

このほど発売された「あとり硅子イラスト集」の原画展である。他に未発表作品1作のネームや最新刊「ばらいろすみれいろ」に収録された作品のネーム、イラストのラフなども閲覧することが出来た。

ネームはダルマやお団子じゃなくて、ちゃんと目鼻髪がかかれていてそのまま読めるほどだった。だから時折出現するダルマ人物が余計にかわいかった。ラフ画には自画像である犬のキャラが照れ隠しに書いてあったりして、あとりさんの存在というか、息吹が感じられた。未発表作品は最後の1枚がないのがことのほか寂しくなった。

小説の挿絵用と思しき女の子のラフに、「女の子いいですよね〜」と書いてあって意外だった。でもあとり作品には女の子が少ないね。「天色神殿」の神官さんは女の子だといいな(男の子とも女の子とも明確に設定されていないので)。


私は決して熱心なファンというわけではなかったけれど、Wingsに作品が載るたびうれしかったし、予告を見るたび楽しみにしていました。もう新しい作品を読むことはできないのだというのは今でも信じられませんが、あとりさんの作品に出会うことができて幸せでした。本当にありがとうございました。

鉄人28号 全話タイトル&DVD備忘録

ここで紹介するDVDは2004年7月-2005年3月に発売されたばら売りDVD(DVD収録巻)のことです。参考までに2005年3月に発売されたDVD-BOXでの収録巻(BOX収録巻)をつけています。

放送日話数サブタイトルDVD収録巻BOX収録巻
2004/4/71蘇る正太郎11
2004/4/14228号対27号
2004/4/213怪ロボット現る2
2004/4/284もうひとつの鉄人計画
2004/5/55鉄人対ブラックオックス2
2004/5/126奪われた操縦器3
2004/5/197悪の手先 鉄人暴れる
2004/5/268鉄人28号奪回作戦
2004/6/29宇宙ロケット殺人事件43
2004/6/910謎の超人間ケリー
2004/6/1611超人間・ケリーの最後
2004/6/2312ブラック博士の憂鬱5
2004/6/3013光る物体4
2004/7/714怪盗ブラックマスク
2004/7/1415不乱拳の弟子たち6
2004/7/2116京都燃ゆ
2004/7/2817黒龍丸事件5
2004/8/418正太郎 一人…7
2004/8/1119ニコポンスキーとの対決
2004/8/1820まだら岩の怪人
2004/8/2521PX団の陰謀86
2004/9/122暴走の果てに…
2004/9/823裁かれる鉄人
2004/9/1524生きていた敷島9
2004/9/2225黒部の危機7
2004/9/2926罪と罰

※放送日はテレビ東京(毎週水曜深夜25:30-)での放送日

□映像特典
2巻…ノンクレジットオープニング
3巻…番宣スポット
4巻…実写版劇場映画『鉄人28号』特報
5巻…ノンクレジットエンディング
8巻…実写版劇場映画『鉄人28号』予告

□その他特典
2-9巻…鉄人計画ファイル封入

□初回限定
1巻…特別価格(1000円引)
4巻…鉄人計画バインダー付き、鉄人計画箱仕様のダンボールで梱包
第1巻はメーカー特典として一部店舗ではバッチ(ピンズ?)がもらえたらしい

□DVD観賞のためのメモ
1巻-4巻までは1巻3話で1エピソード。5巻は単発エピソード3話収録。6巻は15話・16話で1エピソード、17話から9巻のラストまでが連続エピソード(第2部相当)。

2004/10/17

「正太郎の追跡」&ジャイアントロボ2巻

レンタルショーケースが並んでいる某所でタイムスリップグリコ鉄人編のシークレットが単品で出ていて、のどから手が出るほど欲しくなった。が、迷った末断念。でもタイムスリップグリコ第2弾の「正太郎の追跡」をゲット。大塚署長のあごがちゃんと割れてますね。正太郎君は拳銃持っている。

こういうところにいくと古い鉄人グッズが並んでいたりするので眼福眼福。そして珍しい物を発見。小さい人形で、「敷島家族と鉄人25号」と「村雨ギャング団と鉄人26号」のもの。…なんて通すぎるセレクトなんだろう。

25号は金、26号は銀だけど同じデザインで、今川版アニメの26号と似ていた。
敷島家族のほうは敷島博士と鉄雄君と敷島夫人。敷島博士と鉄雄君は分かったので残りは敷島夫人しかないでしょう。仙人のようなじいさまばあさまは敷島博士の両親かな。
村雨ギャング団のほうは前髪わしゃわしゃの男ともみあげの男は健次と竜作だと分かったけど、コートに帽子かぶった男とリーゼントの男は誰だろう?一人は辰?

ジャイアントロボは2巻を借りてきた。人間発電機ッてなんですか?! この先中条長官が出陣する展開はあるのかな?期待。モブに牧村博士を見っけ(今川版でいうところの有村博士@滝口順平)。高見沢さんもいた!

2004/10/12

ジャイアントロボ1巻をレンタル

TSUTAYAから割引ハガキが届いたのでせっかくだから使おうとジャイアントロボ1巻と白黒鉄人の1〜2巻を借りてきた。ジャイアントロボだけ見たけど、画面に釘付けだよ。もう動く動く。大回転の意味もよーくわかった。キャラクターをよく知らないので、キャラクター&声優の一覧とにらめっこ。皆さん声がお若い。

白黒鉄人のほうは本当は原作漫画を読んでからと思ってたのだけど、まあよい機会だし借りてみる。原作はサンデーコミックス版は全巻購入済み。他の原作本は新刊では入手できないようだし、もったいないから1巻ずつゆっくり読もうと思っていたけど、同じ書店で他に買っている人がいるらしく、無い巻を注文&全巻購入。しかし4巻をダブって購入するという馬鹿なことをやってしまった。もう5巻まで読んでしまったのであと半分しか読めない。

TSUTAYAのカードって2004/4/1から共通化されてたようだ。ぜんぜん知らなくて5月に2店舗更新してしまったよ。でもこれで家から一番近いTSUTAYAも利用できるのはうれしいな。当日利用したい時は電車に乗るのは面倒だもの。

2004/10/08

ボボボーボ・ボーボボ 打ち切り&放送時間変更問題

土曜夜7:28〜やっていたこのアニメを何も考えず見て楽しんで1週間の現実を忘れるというのが好きだったんだけど、放送時間延長となってしまった。打ち切りの地域も多いようだ。放送継続地域についてジャンプに情報が載っていると知ったので確認してきた。

放送継続地域は以下の通り。
なお、次回放送からOPはウルフルズ「バカサバイバー」、EDはmihimaruGT「H.P.S.J.」に変更される。

テレビ朝日 10/23(土)AM10:45〜
北海道テレビ 10/23(土)朝7:00〜
名古屋テレビ 10/23(土)朝7:00〜
朝日放送 10/24(日)朝5:02〜
九州朝日放送 10/31(日)朝6:30〜
長崎文化放送 11/6(土)朝7:00〜
熊本朝日放送 11/25(木)深夜25:50〜

なんだかなー。1ヶ月に1回しか放送されないときもあったし、この間の打ち切り告知放送のときも、ストックがたまっちゃったからとりあえず1時間やろうって感じに思えてならなかったし。視聴率がよくないのはわかる、分かるんだけど、やっぱり釈然としない。自分が見ている地域では「うそぴょーん」のほうが流れたわけだけど、打ち切りマジネタバージョンが流れた地域の視聴者はショックだっただろうな。

2004/10/07

I/O DATA 「USB-MPG」

中古で買ったもののかなり放置していたものを使ってみる。メモリが64MBしかない私のパソコンにとってはかなりありがたい製品。線をつないでソフトをインストールしてパソコンからビデオテープの内容が流れた時は感動。その間数分…。なんでもっと早く使わなかったんだ。パソコンに2年前にUSB-MPGについて保存した内容が残っていたから、たぶん2年前ぐらいに買ったのだと思う。DVD-VHSデッキにしてもこれにしても買ってから2年間もほったらかしにしていたのかと思うと情けない。

ずっと放置してたものを引っ張り出す気になったのはやっぱり鉄人の画像をデスクトップの壁紙にしたいから。縁のところが変になってしまうみたいなので、補正なり設定変更なりするべきなんだろうけど、そんな余裕は無いからとりあえずテストで撮ったものを壁紙にしよう。

キャプチャの練習に使ったのは時代劇「隠密・奥の細道」のビデオテープ。ついでに観賞。これも撮って以降放置していたままだった…。曲がいいなあ。懐かしい。印象に残っていた曲は宗次郎のオカリナ演奏だったのか。
これはテレ東で全話再放送していたのを録画したもので、気づくのが遅れて4話分ぐらいしか撮れてないと思う。「闇に咲く、今日を限りの地獄花」。主なキャスト…六郎太(佐藤浩市)、音丸(国広富之)、松尾芭蕉(中村嘉津雄)、曾良(西山浩司)、お蝶(萬田久子)。音楽は菊池俊輔。宗次郎。

2004/10/04

新書館 「Wings」 2000年1月号〜2001年12月号

必要に迫られて処分。保存する部分を見極めるために読んでたので時間がかかってしまった。ひもで縛り上げたのであとは資源ごみの日を待つのみ。

2000年1月号は2000年&20周年&200号記念号。やっぱり分厚い…。この期間2000年3月号だけ欠けていた。宮本佳野「FLOOR」の後編が読めなくてくやしい。何で単行本になってないのだ。倉田久江「X親分」の単行本未収録分集めたいなあ。水月博士「真夜中の帝国」はすでに2002年分を処分済みで残っていないので保存しなかった。完結していないし。この人の作品は1度も単行本を買っていないけど、完全収録版とかあったら買うなあ。次号より連載再開とか告知も載せてくれるんなら。皮肉じゃなく本気で。

これで2004年以前の雑誌は大体処分し終わったので、雑誌については一段落。まあ、2004年以降の雑誌は徐々にたまってるけど…

鉄人28号 #26 「罪と罰」 (最終回)

ぼぉーっとしてしまった。「原作 横山光輝」の字に涙が出そうになった。
すごい、畳きりましたね。充足感は無いけど、これで終ったんだというある種の開放感はあったと思う。

このアニメは「村雨成長物語」であり、「裏敷島物語」だよなあと思っていたけど、前半まるまる「村雨成長物語」だった。OPもEDも最後の止め絵もフィクション注意書きもとっぱらうほど時間が足りなかっであろうにもかかわらず。でも最初からこのラストに向かって回を重ねてきたのだと言うことがよくわかった。それと鉄人自体には意識や感情がない、使う人次第というのが貫かれていてよかったと思う。

最終回で大塚署長、高見沢秘書、敷島博士それぞれの立ち位置は鉄人登場前と同じになったわけで、正太郎も金田邸を取り戻して少年探偵として復帰するのだろう。鉄人の物語は正太郎自身の成長物語ではなく正太郎が体験した1事件に過ぎず、案外この件引きずらないのではと思っている。最初から見返さないとわからないけれど。

と、難しいこと抜きに言わせてもらうなら。大塚署長の早着替え、かっこよかったー。そしてここで若本様が再登場とは思いもしなかったよ。村雨健次フィルター炸裂。健次の兄貴への心酔っぷりが窺える。ていうかさ、私本当に泣きそうになったんだよ。村雨好きだから。でも…まあ、よかった。よかったと思ってまた泣きそうになったらラブコメ。いつの青春ドラマだよって感じで。キザ男め。
(村雨は無事ではないんじゃ…という見方もあると思う。でもそんなの悲しすぎるので、いつか正太郎のピンチを一つのナイフが救い、正太郎がその持ち主を悟るという未来を希望する。ベタだけどね)

後半。村雨の件があったし、もともとの原作者のプロットも知っていたから、正太郎も鉄人と共に逝くのかと思ってはらはらしちゃった。無事でよかった。緊迫した場面にかかわらず、正太郎の脇に手がかかった時、人さらいーとか思っちゃったよ。敷島が正太郎を助けようとしてたわけだけど、そう思ってしまった自分は何かもう後戻りできない気がする。ギャロンコプターはかわいい。ビッグファイヤ博士はやっぱり憎めない。


これ書き始めたのは観賞して翌日だったけど、時間がたつにつれやっぱり自分は満足してる。はやくDVDで見たいな。1巻は安かったので買ったし、鉄人計画ファイルも気になるけど以降は買うかレンタルにするかは未定。アニメのDVD買ったのなんて初めてだよ!というかDVD-VHSデッキ自体放置してて、動作確認以後使えてなかった…。鉄人のおかげで使えるようにできたし、買っておいた「新八犬伝」のDVDも見れてよかったよかった。

副題についてはまた別途考えるかなと思っているけれど、9月に出版されたある本のタイトルに「罪と罰、だが償いはどこに?」とあるのを見て(中身ではなく、タイトルの言葉だけ)、敷島は罰を受けるかどうかは別として、償いをするべきだよな、と思った。またロボットを作って(←ここまではよい)正太郎に操縦させるとかだったら救いようが無いな。

2004/10/03

高橋明 「傀儡」 再開

新書館から1〜3巻が新装版が発売済み、そしていよいよ10/20発売の「ハックルベリー」Vol.4から連載開始です。

それにあわせて10/20からまんがの森各店でフェアが始まるらしい。
傀儡1〜3巻もしくはハックルベリーを買えば
イラストイコメント入りペーパーがもらえるとのこと。

また、10/24(日)〜30(土)には
まんがの森本店(高田馬場)で原画展が開催される。
サイン本の販売もありだそうだ。

「傀儡」再開は非常にうれしい。光文社版、小説版、集英社版持ってます。新書館版も買いました。今度こそ完結に向かえますように。

1度目が掲載誌の休刊による中断のため、その2度轍は踏んで欲しくない。ハックルベリーの前に出ていたサウスが休刊しているだけに心配ではある。ハックルベリーは今まで3冊出ているけど、毎号載っているのは「原獣文書」(なるしまゆり)のみ。今後「傀儡」が連載されるとして、柱になる作品がもう一つ欲しいところ。毎号読めて読みきり連作みたないものがいいけど、それが「PIRATES」(PINKISH・2)なのかな。この作品はもともと「ぱふ」に掲載、後にWings連載後単行本化されている。雑誌名にぴったりな気もする。

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ