« あとり硅子原画展(10/10、10/14) | トップページ | 「アニメージュ」 2004年11月号 »

2004/10/18

「Anime Studio」(アニメスタジオ) Vol.1

宙(おおぞら)出版|Anime Studio
http://www.ohzora.co.jp/release/detail/?isbn=4-7767-9049-1
発売元:宙出版
出版年:2004年10月
価格:900円(本体価格)

P4〜P34(カラー31P)
・特集『鉄人28号』 追悼横山光輝
□目次


  • 鉄人28号が僕等にくれたもの
  • 新作『鉄人28号』関連アイテムも続々登場!!
  • 『鉄人28号』美術スタッフが描く、昭和とレトロフューチャーの世界(松本浩樹インタビュー)
  • 新作『鉄人28号』のキャラクターたち
  • 『鉄人28号』全話エピソードチェック
  • インタビュー:大月俊倫プロデューサー
  • 現実のロボットASIMOは『鉄人』といえるか?
  • さようなら漫画界の巨星、横山光輝先生
  • 鉄人28号グラフィティ
  • アニメ化された横山作品たち
  • 絶対に読んでほしい横山光輝作品ベストセレクション10
  • 巨星横山光輝を偲んで 岸本修/櫻井邦彦/麻宮騎亜

前半が2004年度版アニメの特集となっている。エピソードチェックもあらすじに加えて登場人物やロボット名が添えられているのでアニメの視聴ガイドにはちょうどよいと思う。解説もアニメをよく見ていてそのうえで考察しているように感じられて好感がもてる。

美術スタッフへのインタビューはうれしい。町並みの描写特に京都編は建物が緻密ですばらしいので。美術スタッフの写真に写っているタブレットパットというのかな、タブレットを使う台だとおもうのだけど、それに鉄人28号のイラストが使われている。いいなあ欲しい…

キャラクター紹介のページは見開きなんだけど、右に人物、左にロボットや「鉄人」が配置されているかと思いきや左ページにニコポンスキーが配置されているのが妙におかしい。きっと覆面の中の人も満足だろう。いやふつーに正太郎君が物語上で会うものたちを配置しただけなんだろうけども。

□2007/03/18URL修正

« あとり硅子原画展(10/10、10/14) | トップページ | 「アニメージュ」 2004年11月号 »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/1715593

この記事へのトラックバック一覧です: 「Anime Studio」(アニメスタジオ) Vol.1:

« あとり硅子原画展(10/10、10/14) | トップページ | 「アニメージュ」 2004年11月号 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ